«  2017年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 「枕のメインテナンス」 東京都町田市・神奈川県座間市・大和市の予防歯科 みどりの森デンタルクリニック歯科医師の蔵本 | メイン | 「自分の口の中の写真を見たことありますか?」神奈川県座間市 大和市、東京都町田市にあります予防歯科 みどりの森デンタルクリニック トリートメントコーディネーター 角 »

2017年5月18日

こんにちは!
神奈川県座間市、大和市 東京都町田市 の予防歯科 みどりの森デンタルクリニック、
トリートメントコーディネーターの込山です。

もうすぐ24節気の小満です。
陽気が良くなり草木が成長して茂るという意味で、動物や植物にも活気があふれてくる季節とのこと。また、秋にまいた麦の穂が付くころで安心する(少し満足する)という意味があるそうです。
私の家の庭にはたくさんの種類のあじさいが植わっていて、そのあじさいに小さい花芽が見え隠れしてきて、早く咲かないかなぁとわくわくしてくる季節です。ダウンロード (19).jpeg



さて、私の咬合矯正も早いもので1年が過ぎました。そろそろ矯正器具がはずせるのではないかと思っていますが、はずせる時期は神様と先生のみぞ知る...で、もうちょっと続きそうです。


今回は咬合矯正を始めて私自身が感じた良かったことを、書きたいと思います。

・口が大きく開けられるようになった
あごの位置が理想的なところで働くと、こんなにもスムーズで大きく口が開くものなんだなと感じました。
・姿勢が良くなった
身体全体からみてあごや口の位置というのはとても重要だそうで、趣味で通っているピラティスの先生から頭の位置が良くなったとうれしい一言をもらいました。
「顔がシュッとした」と人から言われた。
矯正器具を付けると痛くてご飯が食べれなくなるとよく耳にしますが、私はやわらかくて高カロリーの物を食べていたし、ダイエットもしていないのにそんなことを言われるなんて、まさに棚ぼた‼確かに埋もれていたあご先があらわれたときはうれしかったです。

咬合矯正を始めて大きく変わったと感じることは、このあたりでしょうか。
矯正器具が今後はずれると、もっともっと咬合矯正をして良かったと感じることが増えてきます。
次のブログではぜひ矯正器具がはずれました報告は出来るといいなぁと思っています。


咬合矯正について詳しく知りたい方もちろんですが、話をちょっと聞くだけでも全然かまいません。気軽にスタッフまで声をかけて下さい。いつでもお待ちしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

Entries

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
みどりの森デンタルクリニック

みどりの森デンタルクリニック

当院は、従来の削って詰める治療以上に細菌をコントロールすることに重点をおいています。

痛いところや気になるところがあれば先に処置しますが、まずは、患者さんの現状を把握するため、初診時にさまざまな検査(簡易型細菌検査・歯周病基本検査・レントゲン撮影など)を行います。

しっかりとご説明させていただき、ご納得していただいてから診療をすすめていきますのでご安心ください。