«  2017年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年5月25日

こんにちは。
神奈川県座間市 大和市、東京都町田市にあります予防歯科 みどりの森デンタルクリニック トリートメントコーディネーターの角です。


皆さんご自分の口腔内をしっかりご覧になったことはありますか?
当院では、初診時に必ずカメラで口腔内を撮影し、後日カラー印刷した用紙を患者様にお見せしています。img010_convert_20130223120657.jpg
この歯には白い材料の詰め物がしてあるんですよ、などとお話しをすると、昔に
治療した箇所を忘れていたのか驚いている方が多くいらっしゃいます。

実は、この詰め物の周りや銀歯の下がとても虫歯になるリスクの高い場所です。
虫歯を治したからもう安心!ではなく、治したその日から新たな虫歯菌が銀歯の周りを住みかにしようと狙っているのです。
どこにどんな詰め物が入っているのか、ご自分の口腔内を改めて観察してみるのも予防のひとつだと思います。

お口の中には銀歯が入っている方も多くいらっしゃると思いますが、銀歯は銀100%ではないことをご存じですか?
最近ではパラジウムという物質が多く含まれる、色々な金属が合わさった合金パラジウムが使用されています。

一昔前では、アマルガムという水銀を多く含んだ銀歯が主流の時代がありました。このアマルガムはとても有害な金属です。51kmnPTVz2L_SX356_BO1_204_203_200.jpg
25度を越えるとイオン化して溶け出します。人の口腔内は35度くらいなので、常に溶け出した水銀が体内に入っていき、腎臓や肝臓、脳などに蓄積してしまいます。
蓄積されると、頭痛やうつ、原因不明の首肩腰の痛みなど、様々な不快な病気に繋がる場合もあるようです。

アマルガムが今も入っている患者様はとても多く、主に40代、50代の方によく見られます。
一見合金パラジウムと同じ銀色なので区別が付きませんが、アマルガムが入っていれば他の詰め物に変えることをおすすめいたします。
合金パラジウムも同じような理由からあまりおすすめできませんが、長くなるので今回はアマルガムの有害性についてのブログにしたいと思います。

先ほど銀歯の下は虫歯になりやすいですよとお話ししましたが、虫歯菌は銀歯と
歯の境目など、ガタガタしたところに住み着きます。
肉眼やレントゲンで虫歯が確認できなくても、銀歯を外してみると虫歯になっていることがほとんどです。
これはアマルガムだけではなく、パラジウムも同じです。

今は強度の高いセラミックや、歯に馴染みやすい金歯などを選ぶ方が増えてきています。
ぜひ一度ご自分の口腔内をチェックして予防に役立てていただければ嬉しいです。
当院でも、詰め物や被せ物についてのご相談を受け付けております。
どこにどんな物が詰めてあるのか、しっかりお話しさせて頂きます!
気になる方はお気軽に受診してみてくださいね(*^^*)

それではまた!
いつもブログ見て下さってありがとうございます^_^

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年5月18日

こんにちは!
神奈川県座間市、大和市 東京都町田市 の予防歯科 みどりの森デンタルクリニック、
トリートメントコーディネーターの込山です。

もうすぐ24節気の小満です。
陽気が良くなり草木が成長して茂るという意味で、動物や植物にも活気があふれてくる季節とのこと。また、秋にまいた麦の穂が付くころで安心する(少し満足する)という意味があるそうです。
私の家の庭にはたくさんの種類のあじさいが植わっていて、そのあじさいに小さい花芽が見え隠れしてきて、早く咲かないかなぁとわくわくしてくる季節です。ダウンロード (19).jpeg



さて、私の咬合矯正も早いもので1年が過ぎました。そろそろ矯正器具がはずせるのではないかと思っていますが、はずせる時期は神様と先生のみぞ知る...で、もうちょっと続きそうです。


今回は咬合矯正を始めて私自身が感じた良かったことを、書きたいと思います。

・口が大きく開けられるようになった
あごの位置が理想的なところで働くと、こんなにもスムーズで大きく口が開くものなんだなと感じました。
・姿勢が良くなった
身体全体からみてあごや口の位置というのはとても重要だそうで、趣味で通っているピラティスの先生から頭の位置が良くなったとうれしい一言をもらいました。
「顔がシュッとした」と人から言われた。
矯正器具を付けると痛くてご飯が食べれなくなるとよく耳にしますが、私はやわらかくて高カロリーの物を食べていたし、ダイエットもしていないのにそんなことを言われるなんて、まさに棚ぼた‼確かに埋もれていたあご先があらわれたときはうれしかったです。

咬合矯正を始めて大きく変わったと感じることは、このあたりでしょうか。
矯正器具が今後はずれると、もっともっと咬合矯正をして良かったと感じることが増えてきます。
次のブログではぜひ矯正器具がはずれました報告は出来るといいなぁと思っています。


咬合矯正について詳しく知りたい方もちろんですが、話をちょっと聞くだけでも全然かまいません。気軽にスタッフまで声をかけて下さい。いつでもお待ちしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年5月11日

こんにちは、東京都町田市・神奈川県座間市・大和市の予防歯科 みどりの森デンタルクリニック歯科医師の蔵本です。

寒かった冬が終わり過ごしやすい季節になりましたね。
暖かくなると自然と外出もしやすくなりますね。寒かったり天気が悪かったりすると外出も億劫になりますが、今の季節は暖かく晴れの日はどこかへお出かけしたくなりますね。
いつも休日は疲れて寝ていることが多かったので今年の春は気分転換もかねてなるべく外出してリフレッシュした休日を過ごしたいと思っています。


今日は先日行ってきた寝具のお店でのお話をしたいと思います。
以前自分の頭や首の形、姿勢、身長などを計測してオーダーメイドの枕を作っていたのですが、ずっとその枕のメンテナンスには約3年間行っていませんでした。
枕のメンテナンス?!と思われる方もいると思います!

 makura5.jpg


実は自分の頭や首の形を計測して作ったオーダーメイドの枕はしっかりとメンテナンスを行うことで自分の体に合った状態で使用していけるそうです。僕の場合3年間この枕のメンテナンスを行っていなかった為に枕の中綿がつぶれてしまい、せっかく自分の体に合わせて作っていたのですが、ずっと合わない状態で使っていたみたいでした...

お店の店員さんに苦笑いされながらも再度、頭や姿勢状態を計測してもらい枕の形を調整して頂きました。
実際調整してもらうとつぶれていた部分がしっかりと直り首に負担のかかりにくい状態になっていました!

普段使っていると中々わからないかもしれませんが、やはり専門の方に定期的にチェックしてもらうことの大切さを今回枕の調整で実感しました。

またこの話には続きがあるのですが枕以外にもベッドのマットレスもオーダーメイドの物があり体の姿勢にあったものを試しに組み合わせてもらい横になったところ、とても体に優しくフィッティングしたので今回ベッドのマットレスも新しい物を購入することにしました。(痛い出費でしたが...)

人生の3分の1は睡眠時間とよく言われますが、今回調整した枕と新しいベッドのマットレスで質の高い睡眠をとることで自分の体のケアにより気を使っていきたいと感じました。

今回枕の調整を通して長く使っていくものはやはりメンテナンスが大切だと感じました。
車も定期的に車検があるとの同じで車にとってのメンテナンスは車検だと思います。


歯科においてもメンテナンスはとても大切です。もちろんそれは患者さん一人一人の良好な食生活やしっかりとした歯磨きができていることが前提です。
生きていく上でメンテナンスしていくものは多くあると思いますが、その中でも歯科のメンテナンスは大切な歯を守り、健康的な体を維持していくのに必要であるという事を多くのひとに理解していただければいいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2017年4月 | メイン | 2017年6月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
みどりの森デンタルクリニック

みどりの森デンタルクリニック

当院は、従来の削って詰める治療以上に細菌をコントロールすることに重点をおいています。

痛いところや気になるところがあれば先に処置しますが、まずは、患者さんの現状を把握するため、初診時にさまざまな検査(簡易型細菌検査・歯周病基本検査・レントゲン撮影など)を行います。

しっかりとご説明させていただき、ご納得していただいてから診療をすすめていきますのでご安心ください。