«  2017年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2017年2月23日

こんにちは! 東京都町田市・神奈川県座間市・大和市の予防歯科 みどりの森デンタルクリニック歯科医師の桑本明子です。今年最初のブログ当番です。
皆さん今年もブログは勿論
みどりの森デンタルクリニックをどうぞ宜しくお願い致します。
さて、皆さんは今年の豊富は考えましたか?
私の目標は・・・諦めない!!!といった感じでしょうか?
いつも最初のやる気気合は人より勝っている(笑)かもしれませんが、なんせ長続きしないのです。仕事でもプライベートでも。今年は最後まで諦めない芯の強い女性になれたらいいな〜〜〜と思っております。

 話は変わりますが、最近ハマっているものは何ですか?と聞かれても、全くハマらないタイプの私が、ハマっちゃいました〜〜〜
べ ト ナ ム 料理です。ベトナム行きたーい、本場の料理を食してみたいです。
もともと野菜が大好きなので、生春巻きとか、それを揚げたネム、あと牛肉のフォー
とか最高ですね〜都内でオススメありましたら是非教えて下さい!

    S__17317891.jpg

 年末は最近恒例?になってきている温かい島へ飛んで行きました。以前もご紹介させて頂きましたが、他人の私に、道ですれ違っても、エレベーターで会っても常に挨拶をしてきてくれて。日本で他人にいきなり挨拶すると、ちょっとおかしい人と勘違いされますが、本当に日本人のそう言うところは、見直すべきだとつくづく思います。
とっても気候が良く、そして人が暖かく、おしゃべりしっぱなしの年越しでした!!

    S__17317890.jpg

 良いことがあれば、自分も人に優しくできるきがします。日々忙しいストレスの溜まる生活ですが、少しでも人に優しく接して行きたいです。
 そして身体の健康を、是非お口から取り戻して行きましょう。今年も皆さん宜しくお願い致します。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年2月 9日

みなさまこんにちは!東京都町田市・神奈川県座間市・大和市の予防歯科 みどりの森デンタルクリニック 理事長の須藤です。
先月当院は診療を1日休みにして、全体ミーティングを開催しました。S__13000709.jpg
毎年、年に2~3回行なっています。なぜ行なうかというと、医院全体の理念の共有や最新医療の浸透や患者さんに対するベストな治療の流れなどを全スタッフで共有する為です。
1月は今年のテーマも発表し、それを軸として診療していきます。
そんな中で当院の合言葉を作りました。

言葉

『中学生になる前に細菌とかみ合わせをいい状態にする』
 
今まで私は数万人の患者さんを削って、詰める治療を行なってきました。一度治療したのに、また再発した方もいました。確かに削って詰めれば、『噛む』という機能は回復します。しかしながら虫歯の原因をとっているわけではないので、またできるのは当たり前です。
当院では『最小限の治療と最大限の予防』を掲げ、診療をしてきました。15年前はまだまだ『予防』を掲げて診療している歯科医院は少ない状況でした。
そんな中でメインテナンスの大切さや予防の大切さを患者さんに話続け、かなりの患者さんに支持されるようになりました。
乳歯が虫歯だらけだったけど、永久歯が虫歯0や、10年間虫歯がないという患者さんも続々でてきました。それは非常に嬉しいことです。
しかしながら、その中でも虫歯になりやすい人、詰め物でいっぱいの口腔内の人のコントロールは難しいと感じていました。
なぜ、今迄これ程虫歯になってしまったのか?なぜこれ程までに治療をしなければならなかったのか?
数万人の患者さんを見ていく中で、共通していたのが『かみ合わせ』の悪さでした。単に歯並びだけではなく、下の顎の位置や歯がそれぞれ持っている機能が失われていると、虫歯になりやすいことがわかりました。かみ合わせが悪い中で治療しても、限界があることに気づいたのです。
そこで『かみ合わせ』をいい状態にするために必要な医療を学び始めます。
矯正や咬合など、患者さんにとってどんな治療法がベストなのかを世界レベルで数年に渡り勉強しました。そして今現在自分の家族でもやりたい治療法を見つけることが出来ました。
細菌叢をいい状態にし、かみ合わせをよくすることが一番の治療法です。
それを全ての患者さんに提供していきたいと思っています。
一番いい治療のタイミングは中学校に上がる前、中学生になる前に細菌もかみ合わせもいい状態に持っていけば、治療もやりやすいし、大人になって歯を削ることが極端に減る
ことがわかりました。
歯は削ってはダメなのです。多くの詰め物や被せ物がある口腔内を予防していくのは、それだけでリスクを抱えているのです。

ということを全スタッフで共有しました。
虫歯や歯周病の原因菌をコントロールするだけではなく、「かみ合わせ」もよくすることこそが本当の予防です。
ぜひ、かみ合わせの診査をうけていただき、一生涯ご自分の歯で食べることを達成していただければ一番の幸せだと思っております。
一緒に健康な口腔内を作り、それを維持継続させていきましょう!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年2月 2日

神奈川県座間市、大和市 東京都町田市 予防歯科  みどりの森デンタルクリニック
トリートメントコーディネーターの角です。

歯ブラシを購入する時何を意識して選びますか?
私は硬めがあまり好きではなくて、少し柔らかい毛の物を使用していました。
Toothbrush.jpg
ですが同じ柔らかめでも歯ブラシの種類を変えたら、歯みがき後なんだか前歯がザラザラするなぁと思っていたんです。

歯みがき粉のせい?前歯の磨きが足りないのかな?などと思っていたのですが、歯ブラシ少し硬めに変えた方がいいよ!と言われ変えてみると!いつもの磨き方と変わらないのに、1回の歯みがきでまた歯がツルツルに戻ったのです!!!
硬さひとつでこんなに違うものかと、とても驚きました。

どうして硬めの歯ブラシが好きではないかというと、歯ブラシ圧が強いからです。歯ブラシの仕方って小さい頃から習慣になっていて、意識しないとなかなか変えることができません。私の家族は全員圧が強いので、何の疑問も持たずここまで来てしまいました( ; ゚Д゚)
なんと甥っ子も歯ブラシはごしごし強めです..仕上げ磨きをする私の姉は家族一圧が強いので、甥っ子の口から血が出るとか..

皆さんの歯ブラシの仕方はいかがでしょうか?
当院では衛生士による歯みがき指導を盛んに行っています!
 prevention03.jpg
せっかく毎日行う同じ歯みがきなら、自分に合った歯ブラシで!効率よく細菌を落とせる磨き方もぜひ知って頂きたいです!

ネットなどにもやり方が載っているかもしれませんが、歯茎の状態や歯並びは全員違います。その状態に合わせて歯ブラシの選び方からアドバイスを行っていますので、とてもおすすめなんですよ~!

去年に引き続き私の歯みがき目標は、優しく歯を磨くことです笑


寒い日がまだまだ続きそうなので、皆さま風邪などひかないように気を付けてくださいね(*^^*)
それではまた、次のブログもよろしくお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
みどりの森デンタルクリニック

みどりの森デンタルクリニック

当院は、従来の削って詰める治療以上に細菌をコントロールすることに重点をおいています。

痛いところや気になるところがあれば先に処置しますが、まずは、患者さんの現状を把握するため、初診時にさまざまな検査(簡易型細菌検査・歯周病基本検査・レントゲン撮影など)を行います。

しっかりとご説明させていただき、ご納得していただいてから診療をすすめていきますのでご安心ください。