«  2016年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年9月29日


こんにちは!東京都町田市・神奈川県座間市・大和市の予防歯科 みどりの森デンタルクリニック トリートメントコーディネーター 込山です。

金木犀の甘くて優しい香りがほのかに漂ってきて、とても幸せな気持ちになります。
もう、秋なんですね。
秋と言えば何といっても食欲の秋です!
これからどれだけお芋や栗・かぼちゃなどを使ったお菓子が出回るかと想像するだけで、とてもワクワクしてきます!
季節感を目でも、矯正をしているのにもかかわらずちゃんと口でも感じ取っています。


さて 今回のブログは、私が咬合矯正をしていて患者さまから良く受ける質問をご紹介したいと思います。

まずは1番多い質問「矯正って痛いんでしょう?」です。
たしかに、今まで生えていた歯に負荷をかけて、こちらの思うような位置へ動かしていくので多少の痛みがあります。ただ、その痛みは虫歯で歯が痛い時の痛みとはまったく違います。ズキーンというよりは、じわじわっていう感じでしょうか。人によって感じ方は違うと思いますが、よく私がたとえ話として話しているのが"西遊記に登場する、孫悟空の頭にある金の輪っかが歯に付いているみたい"です。
月に一度、先生が状態を診てブラケットと呼ばれる銀色のワイヤーを調整してくれます。調整をするたびに今までと違う力がかかってくるので、慣れるまでに少し時間がかかります。慣れてきてこの状態が快適って思う頃にまた、調整して...の繰り返しです。痛みがあるのはあまり楽しいことではありませんが、目に見えて歯並びがきれいになっていくことは、とても楽しいです。


次のブログでも、患者さまからよく受ける質問をご紹介していきたいと思います。
聞いてみたいことがありましたら、いつでも気軽に声をかけてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年9月27日

こんにちは、みどりの森デンタルクリニック歯科医師の蔵本です。

夏の暑さが終わり、秋の気配がやってきて涼しくなってきましたね。僕は寒いのが苦手なので、夏の終わりを本当に残念に思います...


先日、都内で2日間にわたって開催された歯周病の外科治療の勉強会に参加してきました。
内容としては歯周外科治療の講義と豚の下顎骨を使った実習で、歯茎を切開し、歯石や肉芽組織(悪くなった組織)を除去して、歯茎を縫合するなどの実技を反復練習してきました。

歯周病の治療の基本は原因となっているお口の中にいる歯周病菌を含むプラーク(歯垢)をまずはブラッシングで徹底的に磨き落とすことです。
そして歯垢が固まってできてしまった歯石を除去することで歯周病の治療を行っていきます。

しかし、中等度~重度の歯周病の方はこれらの歯周病の基本治療で対応しきれないことがあるため、その場合は歯周外科治療といいう方法を行う場合があります。

簡単に説明させていただくと麻酔をして歯茎を切開して開け、歯茎の中に残っている歯石や悪い組織をきれいにお掃除する処置のことです。これを行うことで取りきれない歯石や汚れを取り除くことができるので重度の歯周病患者さんに対して対応することが可能になります。


今回、勉強会に参加して驚いたのは参加者の多くが遠方から来ていた先生が多かったことでした。北は岩手から宮城、愛知、大阪、広島、兵庫、南は長崎までと全国各地から歯周外科の勉強に来られた先生たちがたくさんいました。

普段は中々お会いできない地域の歯科医師の先生方と一緒に勉強することができたので、お互いにいい刺激になりとても意識が高まりました。

10月、11月も残り4日間、歯周外科治療の勉強会があるので次回もたくさん学んできたいと思います!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年9月15日

こんにちは。東京都町田市・神奈川県大和市・座間市の予防歯科 みどりの森デンタルクリニック トリートメントコーディネーター 南川です。
細菌は天気がコロコロ変わったりして大変ですね、、、
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

早速ですが、今日は入院前の口腔ケアについて書こうと思います。

お口は空気と食べ物の入り口と言われておりますが、風邪やウイルス、様々な病気の感染経路にもなってしまいます。
入院中や手術後の合併症を予防するためにも、口腔ケアでお口の状態を綺麗にしておくことはとても重要です。
汚れたお口のまま、入院や手術すると起こる可能性がある悪影響については、、、

・臓器の感染症(菌血症)
免疫が低下しているとお口の中の細菌が原因で様々な臓器に感染を起こす可能性があります。

・呼吸器の病気(肺炎)
人口呼吸器を付けるために、気管に管を入れる時に細菌を含む唾液が肺に入ると「人口呼吸器関連肺炎」が起こりやすくなります。

・心臓や血管の病気(心内膜炎)
お口の中の細菌が血液の流れによって全身をめぐり心臓に付着すると心臓の内膜や弁に感染がおこる「心内膜炎」を発症するおそれがあります。

などがあります、、、。


入院が決まったらその準備として歯医者さんでお口の状態を確認しましょう。
そして歯垢や歯石を取ったりグラグラしている歯を固定したり口腔ケアをしっかりしましょう。!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年9月 8日

こんにちは。
神奈川県座間市・大和市、東京都町田市にあります予防歯科 みどりの森デンタルクリニックTCの鈴木です。
今年は台風のラッシュで、次から次へと日本に上陸したり、かすめていったりと不安な日々を過ごしていませんか?
今夜も鈴木家の窓の外は激しい雨が打ち付けています。皆様の所は大丈夫ですか?
テレビのニュースで台風被害の映像を目にするたびに心が痛くなります。
防災グッズは準備していますか?備えは万全ですか?
天気予報に注意して身の安全を確保してくださいね。

みどりの森では「ニュースレター」を発行しています。
ご来院いただいている患者さんに、みどりの森をもっと知っていただくため、お口の中の事を色々知っていただくため、予防の大切さと価値を知っていただくため、分かりやすい言葉を用いて構成しています。
ご来院いただいて「説明を受けたがあまり理解できなかった」「もっと深く情報が知りたかった」時等、ニュースレターをご覧いただけると嬉しいです。
例えば、今年の4月1日より当医院の診療の流れが少し変わり、歯周基本治療について現在発行している第9号に掲載しています。衛生士さんに説明を受けて理解したけど「もう一度復習したいな」なんて時に読んでいただくと嬉しいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年9月 1日

こんにちは!神奈川県座間市 大和市 東京都町田市 みどりの森デンタルクリニック
衛生士の平田です。
本日から9月となりましたが、まだまだ残暑厳しい毎日ですね。
季節の変わり目は体調を崩しやすいですので、どうぞご自愛ください!

さて、皆さまは歯科での定期検診を受けられていますか?IMG_5308.jpg
もう歯医者にかかったのは何年前だったか分からない・・・
そんな方は要注意!
お口の中の病気は気がつかないうちに深刻化しますので、
定期的な歯科の受診をおすすめいたします。

日本ではまだまだ「歯医者は歯が痛くなったら行くところ」と捉えられがちですが、
歯科医療先進国の欧米では予防のための定期検診は当然のこととされています。
特に怖いのが、成人の約八割が罹患しているともいわれている「歯周病」です!
約八割、ってものすごい数字ですよね。
自分は大丈夫!と安心していると、実は・・・ということにもなりまねませんので
ぜひぜひ、歯科で歯周病の検査も定期的に受けてくださいね。
「最近口臭が気になる」「歯ブラシしていると血が出る」
「歯を磨いてもなんだかすっきりしない」「歯がなんとなく揺れて、ものが噛みにくい」
などなど・・・このような悩みのほとんどが歯周病によるものである可能性が高いです。
当院では、歯周初期治療という予防プログラムで、歯周病治療をおこなっています。
歯周病の原因や成り立ちから丁寧に説明させていただき、
皆さまにとって身近な病気である歯周病について、
きちんとご理解いただいてから治療をすすめさせていただきます。
そしてお口の健康を獲得された患者様の多くが、メインテナンスを受けてくださいます。
メインテナンスで定期的な歯のチェックとクリーニングを受けることで、
長期的なお口の健康が約束されます。

本気で歯周病を治したい、という気持ちのある方はもちろん、
歯周病って何だろう?自分は治療が必要かな?という疑問をお持ちの方にもぴったりだと思います。
ぜひぜひ病気を予防するという気持ちで、ご来院ください!お待ちしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
みどりの森デンタルクリニック

みどりの森デンタルクリニック

当院は、従来の削って詰める治療以上に細菌をコントロールすることに重点をおいています。

痛いところや気になるところがあれば先に処置しますが、まずは、患者さんの現状を把握するため、初診時にさまざまな検査(簡易型細菌検査・歯周病基本検査・レントゲン撮影など)を行います。

しっかりとご説明させていただき、ご納得していただいてから診療をすすめていきますのでご安心ください。