«  2016年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年5月26日


みなさんこんにちは、神奈川県座間市、大和市、東京都町田市の予防歯科みどりの森デンタルクリニック 歯科医師の蔵本です。
当院では歯科医師を募集中です!!経験者ドクター歓迎!!

 今回は食と虫歯について少しブログを書いていきたいと思います。
「甘い物を食べすぎると虫歯になる」「甘い物を食べたら歯磨きしなさい」みなさんほとんどの方は子供の頃にこのようなことを周りの大人から言われていた記憶はないでしょうか?

 この甘い物の代表はずばり砂糖(糖質)です。
砂糖と虫歯の関係については昔からよく言われていることであり、お菓子の食べすぎは虫歯になるという事は子供でも知っていると思います。
日本では甘いものを食べたら、歯をしっかり磨くということは40年前から啓発されていて、1975年を境に子供の虫歯は減少しています。これは砂糖制限の成果の一つとされています。usyokurikan_thumb.jpg


しかし、2016年の現在でも昔よりは少なくなったものの、虫歯で苦しんでいる方は多くいると思います。
それは砂糖以外の炭水化物(糖質)について、歯科的な考察がこれまで不十分であったことがあります。そこには、日本人の食生活の歴史、また、穀物を主食とした栄養学が確立されてここまで来た、ということが関係しています。

現在、栄養学的な考えから糖質を控えることの必要性を訴える方も増えてきてい
ます。
最近言われているいわゆる糖質制限です。歯科的な目線から考えても「主食」や糖質への考え方を大きく見直していかなくてはいけない時期に来ています。

三大栄養素の炭水化物、タンパク質、脂質の中で炭水化物(糖質)だけが虫歯の原因となっている事実があります。
虫歯は、炭水化物(糖質)の選択とその摂取回数を反映して起きる疾患です。
糖質とは、炭水化物から食物繊維を除いた総称です。(糖質=炭水化物−食物繊維)
その糖質は『糖類、オリゴ糖、多糖類、糖アルコール類』などに分類されています。
糖質は脳のエネルギーとして大切な栄養素といわれていますが、現代の食生活においては、パンやお菓子類、麺類やおにぎりなど手軽に食べられる糖質の占める割合が増え、糖質のとり過ぎが懸念されています。
「糖」という文字で表される「糖質」ですが、そのすべてが「甘い」というわけではありません。
砂糖やブドウ糖は甘味ですが、多糖類のデンプンは基本的に甘くはありません。
つまり、「お菓子や甘いジュースを摂っていないから大丈夫」というわけではありません。
糖質というのは甘くない物もあるので、白米、パン、ラーメン、うどん、パスタ、ジャガイモなどでも虫歯になるという事なのです。

虫歯菌であるミュータンス菌は糖質をエサとして増殖し酸を吐き出して歯のカルシウムを溶かしていく性質があります。これが虫歯の状態です。
虫歯予防に歯磨きはもちろん大事ですが、虫歯菌のエサとなる糖質を現代人は食べ過ぎている傾向があるので一度立ち止まって、糖質以外の食について見直すべきではないかと思います。
しかし、現代において糖質を避けた食事というのも困難な場合もあるため糖質と虫歯の関係を頭の片隅にしっかり覚えておいて、日々の歯磨きで虫歯菌の集まりである歯垢(プラーク)や糖質の食べかすをしっかりと磨き落として虫歯にならないように予防していただければと思います。

少し難しい話になりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年5月22日

こんにちは、東京都町田市、神奈川県座間市・大和市の予防歯科みどりの森デンタルクリニック トリートメントコーディネーター 南川です。
皆さんは肩こりに悩まされたりしませんか?
今日は肩こりと歯の関係について書かせていただきいと思います。
日本人の7割が肩こりに悩んでいると言われています。ダウンロード.jpeg
肩こりがひどくなると、頭痛や腕のしびれ、集中力の低下、気分が優れないなど様々な症状が伴うことがあります。
肩こりにはたくさんの理由があります。
依ってかたこりの予防法や治療法も個別の対応が必要で肩こり治療に決定的なものはありません。
歯が痛くても方がこる場合もありますし、肩がこったから歯が痛くなる場合もあります。

そのたくさん理由がある中から原因の1つに挙げられるのが"かみ合わせ"です。
かみ合わせの悪さかわ頭痛や肩こりの症状で悩まされている方は多くいます。
かみ合わせに生じた異常は身体を歪ませ、身体は傾きを平衡に戻そうとしますから無理な力が肩にかかりその結果が肩こりや頭痛といった不快症状として出てきます。

口はまさに【命の源】です。
この"口"の健康に大きく影響を与えるのがかみ合わせなのです。
当院ではそういったかみ合わせに関する矯正等も行っておりますので、
もし気になることがありましたら気軽にスタッフにお声掛け下さい。
当院では歯科医師を募集中です!!経験者ドクター歓迎!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年5月14日

こんにちは!神奈川県座間市・大和市・東京都町田市の予防歯科 みどりの森デンタルクリニックTCの鈴木です。
当院では歯科医師を募集中です!!経験者ドクター歓迎!!
GW、あっという間に終わってしまいましたね。わりとお天気に恵まれた長い休暇だった気がします。皆さんはどんな時間を過ごされましたか?私は1日だけ美術館へ行きゆったりとした時間のなかで心洗われるような素敵な絵を鑑賞してきました。
それから母とお墓参りに行ってきました。残りのお休みはお家の色々な事をして過ぎてしまいました。でも今年のGW後は今までとは違い「あ~明日から仕事か・このままずっとお休みならいいのに」なんて思いませんでした。「頑張るぞ」と何だか分らないワクワク感がありました。何故だろう?最近、飼い猫の可愛い大好きな冬くんと一緒に寝てるからかもしれません。

ところで表題の件ですが、私、最近?歯を抜いたんです。それも前歯です。
今、歯っかけ婆になってます。原因はすっごい硬いおせんべいを食べたからです。
以前、神経を抜いてしまっていたので硬いものを食べると枯れ木と同じように折れたりヒビが入ってしまう事があると聞いていたのに...
大笑いなんて出来ません。食事は噛み切る事に不自由しているし話をするにも抜けた所から空気が洩れて上手く発音できないしと悲しい事ばかりです。入れ歯かインプラントしか道はないです。ブリッジなんて問題外です。だって虫歯でも何でも無い歯を削っちゃうなんて考えられないです。とりあえず入れ歯ですかね。なんて色~な事考えすぎて何もしないまま現在に至っています。とにかく何もしないままで放置してはいけません。
失った歯の隣の歯がだんだん傾いてしまい噛むと違和感や痛みが出てきてしまう事があるんです。
 私のように残念な事に歯を失ってしまったら放置せずインプラントか入れ歯をしましょう。インプラントは自分の歯のように違和感はないそうです。入れ歯は保険の物と自費の物とあります。自費の物には数種類あります。詳細についてはみどりのスタッフに聞いて頂ければご案内させて頂きます。

<入れ歯について>images (9).jpeg
食事は楽しくしましょう。そのためにはまず入れ歯に慣れることです。入れ歯をお口の中に入れる前に軽く水でぬらし手で入れましょう。途中まで手で入れて噛むことでピタッと入るようなことはしないでください。壊れてしまう事があります。最初は柔らかいものから食事してください。慣れてきたら少しずつ硬いものを召し上がるようにして下さい。歯は全部そろっていて十分な役割をはたします。1本でも無いと残りの歯に負担がかかり健康な歯までダメになってしまいます。噛み合わせが悪くなったり顎の関節が痛くなったり音がするようになったりします。
お口の健康を保つためにも入れ歯は重要なものなので早く慣れて心豊かに健康な毎日を送って頂きたいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
みどりの森デンタルクリニック

みどりの森デンタルクリニック

当院は、従来の削って詰める治療以上に細菌をコントロールすることに重点をおいています。

痛いところや気になるところがあれば先に処置しますが、まずは、患者さんの現状を把握するため、初診時にさまざまな検査(簡易型細菌検査・歯周病基本検査・レントゲン撮影など)を行います。

しっかりとご説明させていただき、ご納得していただいてから診療をすすめていきますのでご安心ください。