«  2016年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年1月28日

みなさんこんにちは、神奈川県座間市、大和市、東京都町田市の予防歯科みどりの森デンタルクリニックで歯科医師として勤務させていただいている蔵本です。

今回は歯ブラシ以外の補助清掃器具についてとり上げていきたいと思います。
歯磨きは毎日何気なく行っている行動ですが、今回のブログを通して口腔内の清掃の大切さについて少しでも理解していただければ幸いです。

歯は磨くのになぜか虫歯になる、歯周病や口臭も気になる。
こう嘆く患者さんの多くは、良く磨いてはいるが、良く磨けてはいないことがあるようです。

例えば四角いお部屋を掃除する時に床を円を描くように拭くだけであればどんなに一生懸命に拭いても隅っこの汚れはとれません。
この隅っこの汚れが、お口の中でいえば歯間隣接面(歯と歯の間)の磨きにくい不潔域です。

虫歯や歯周病の原因は人間のお口の中に生息している細菌です。
この細菌たちの集まりをデンタルプラーク、口腔バイオフィルムといい、この細菌たちの塊を物理的に除去して虫歯や歯周病を予防することが重要です。

この細菌たちの集まりである口腔バイオフィルムは人間の食べた食事をエサにして常に口腔内で生きていて代謝や増殖を行い虫歯、歯周病を起こそうとしています。
いかに日常生活の中でこの口腔バイオフィルム(デンタルプラーク)を除去、抑制するかが予防のキーポイントになってきます。
そのためには私たち歯科医療従事者の技術のみでは難しいところがあるので、一人、一人の患者さん自らがご自身のお口の中のケアについて関心を持っていただき、しっかりとしたブラッシング、フロッシング(フロス)をしていただくことが大切です。images (8).jpeg

鶴見大学歯学部で行われたフロスに関する研究結果の一例があるのでここでご紹介させていただきます。
人工の歯に赤色の人工プラークを塗布した後に、マネキンにセットし、歯科衛生士が各15秒間ブラッシング、あるいはフロッシングや歯間ブラシを行った後に人工の歯を抜き隣接面(歯と歯の間)を観察した実験結果があります。
これをみると、
①ブラッシングだけの場合の隣接面プラークの除去率は62%
②ブラッシング後に歯間ブラシをすると67%
③ブラッシング後にフロッシング(フロス)をすると91~95%と飛躍的に上がるという結果になりました。

あくまでもマネキンを使った実験ではありますがこの結果から考えるとフロスを使った歯磨きは有効的であると考えられます。
この実験ではフロスと歯間ブラシを比べると、プラーク除去効果が高いのはフロスであることがわかります。その理由としてフロスの場合は歯肉(歯ぐき)から歯冠(歯の頭)の方向へと歯面をこすることができ、歯肉溝(歯と歯ぐきの間)の中のプラークを掻き出すことができるためであると報告されています。
また、手巻きによるフロッシングは難しいですが、ホルダー付きだと誰でも簡単にできるものもあります。ホルダーがY字型のものは除去効果は手巻きのフロスと差がないことがわかったそうです。ダウンロード (10).jpeg

F字型ホルダーは持ち手と反対側の臼歯部に使いにくく、このためY字型と比べると除去効果が劣るとの報告でした。

このようにプラークコントロールには歯ブラシ以外にもフロスなどの補助的清掃器具が大変重要となっています。
プラークコントロールに欠かせないフロッシングですが、欧米や北欧に比べ日本では、歯ブラシは普及していてもフロスの普及がまだまだ少ないのが現状です。
 

平成22年の国民栄養調査では、歯ブラシの使用率が96%であるのに対し、フロスはわずか13%という結果でした。
まだまだ日本では使用率が低いのでしっかりとした使用法を歯科医院で学んでいただき、プラークコントロールを向上させ、より虫歯や歯周病を予防できる患者さんが増えていただければ幸いに感じます。

参考文献 Tsurumi Bulletin of Dental Science Vol.31 No.1 Jan.2016

当院では歯科医師を募集しております。名高い専門医の治療を間近で勉強できるのは当院です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年1月23日

みなさんこんにちは。東京都町田市・神奈川県座間市・大和市の予防歯科みどりの森デンタルクリニック トリートメントコーディネーターの南川です。
最近やっと冬らしくなって寒くなりましたね!
先週は雪も降って足元もまだ悪いのでみなさん気を付けてくださいね!

みなさんこんなお話しはご存知でしょうか。
"南極では風邪をひかない!"ダウンロード (9).jpeg
理由としては、
寒いので細菌が活動出来ないから!と思われてる方も多いかと思いますが、実は違うそうです。
実は......南極は人が少ないので風邪が蔓延しにくいそうです。
細菌は氷点下でも活動は出来るそうなので、南極旅行に行くときに風邪をひいてる方と一緒であれば十分風邪になりうるってことですね!

今、日本ではインフルエンザが流行しつつありますね。

じつは口腔ケアでインフルエンザ予防が出来ます!
お口とインフルエンザと言われても、その関係性についてはあまりピンとこない方も多いと思います。

では具体的にどう関係しているかというと、お口の中にいる一部の細菌はインフルエンザウィルスを粘膜に侵入しやすくなる酵素を出します。そのため口腔を不潔に保っているとインフルエンザにかかりやすくなります。
また歯周病による炎症もウィルス感染を促進させると言われています。

介護施設で高齢者に対してブラッシングや舌磨の指導を実施したところ通常の歯みがきをしていた施設に比べて発症率がなんと!1/10になったそうです!
いかに口腔ケアが重要かわかります。

そして、お口の中を清潔な状態を保つことはインフルエンザ予防のみではありません。
風邪も肺炎も予防に効果的という調査結果も出ています。

手洗い・うがい、そして口腔ケアをしっかり行ってインフエンザ・風邪を予防しましょう
当院では歯科医師を募集しております。名高い専門医の治療を間近で勉強できるのは当院です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年1月14日

こんにちは!
神奈川県座間市・大和市、東京都町田市にあります予防歯科みどりの森デンタルクリニック トリートメントコーディネーターの鈴木です。

皆様、年末年始のお休みは如何お過ごしになりましたでしょうか?
私は年末から年始にかけ、『食べて飲んでは寝』を5日間繰り返した結果、体重が3㎏増えてしまい慌てています。以前「ショッ※ジャ※ン」で購入した健康器具をクローゼットの奥からどっこしょと出し、必死に?毎日3分間運動しています。でも、久しぶりに心落ち着いた年末年始を過ごす事が出来て「幸せだな~♡」と色んな事に感謝しています。
お出かけしたのは元旦だけで、大好きな着物を着て近くの神社に初詣。びっくりするほど人が多くて賑やかで活気がありました。「ここの神社ってこんなに人気があったんだ?」と思うくらいの人で溢れていて、道路の方まで並んでいました。賽銭箱の前に辿り着くまでに40分近くかかりました。もちろん願い事してきましたが、後ろの列が気になり早々に終わりにしました。願い事を心の中で早口で言ったのは初めての経験です。今度、ゆっくり落ち着いてお参りしたいなと思っています。今年は天候にも恵まれ暖かい日々が続いたせいもあって、毎日着物が着られて朝からの掃除・洗濯・炊事がとっても楽しく、るんるん気分でした。こんな調子で仕事も楽しく充実した一年にしたいなと思っています。

さて皆様
お正月のお食事を、楽しく過ごす事が出来ましたか?お口の中が健康でなければ、せっかくのご馳走も美味しく頂く事が出来ません。時々「噛むと顎から音がする」「あくびをすると顎が痛い」「痛くて大きく口を開けられない」「前歯で噛みきれない」「食べ物が口からこぼれてしまう」「奥歯が噛み合っていない」等の声を聞く事があります。それは歯並びだけではなく、噛み合わせの問題かも知れません。実は私、過去に顎の痛みで大きく口を開けられず満足な食事が出来ない状態だった事がありました。原因は階段から落ちて顎を強打したせいです。噛み合わせが横にずれてしまい大変な思いをしました。だからこそ、こんな症状を耳にすると、我が事のようにとても辛くなってしまいます。良く噛むことが出来ないと、胃や腸に負担をかけてしまい十分な栄養を摂取出来なくなり、身体全体の健康に大きく関わってきます。お口は栄養を摂取する為の一番最初の大切な入り口です。どんな小さな事でもかまいません。どうぞ独りで悩まないでください。お話をお伺いさせて頂きます。

当院では噛み合わせの特殊な検査を行っています。ご来院頂いている全ての皆様に検査の事を知って頂きたいと思っています。ご案内させて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します。
 月に数回噛み合わせの専門医が診療しております。詳しくは当院にお問い合わせください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年1月 7日

皆様、新年あけましておめでとうございます。
神奈川県座間市 大和市 東京都町田市の予防歯科 みどりの森デンタルクリニック
歯科衛生士の平田です。
ブログが再開してからはじめて書かせていただきます。
また時々顔を出しますので、どうぞよろしくお願い致します!

お正月、美味しいものばかり食べ続け、毎年恒例の胃もたれ気味で
新年の仕事がスタートしました・・・診療中は明るく元気に頑張ります!

今年も、お餅をノドに詰まらせてしまう悲しい事故のニュースを目にしました。ダウンロード (6).jpeg
年齢がかさむと、食べ物や飲みものを飲み込む「嚥下(えんげ)」という動作がしづらくなり、
この動作が正しく働かないことを「嚥下障害」といいます。

皆さんは「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」という言葉をご存知でしょうか?
この病気は実は歯科にとっても関わりの深いものなんです。

「誤嚥(ごえん)」とは、食べ物や飲み物、胃液などが誤って気管や気管支内にはいることをいいます。
この誤嚥によって引き起こされる肺炎が、誤嚥性肺炎です。ダウンロード (7).jpeg

さて、日本では肺炎で亡くなる人が年間12万人を超え、
死因別の統計でも2011年に脳血管病を抜いて、
がん、心臓病に次ぐ第3位となりました。
肺炎でなくなる方ってとても多いのです。
そして怖いことには、高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われています!

なぜ誤嚥によって肺炎が引き起こされるのか?
そこに歯科が関わってきます。
肺炎の原因は、細菌です。
なかでも最も多いのが「肺炎球菌」という菌で、この菌は口内や皮膚にいる細菌の一種です。
健康な若い人ではあまり感染症を起こしませんが、高齢者や、持病があって免疫の働きが低下している人では、
肺炎を起こしやすく、また重症化しやすいといわれています。
お口の中が清潔に保たれていないと、細菌は増殖します。
プラーク(歯垢)も細菌のかたまりですから、取り除いてあげないとお口の環境はどんどん悪くなるのです。
口は身体の入口であり、簡単に体内に菌を取り込んでしまいます。
普段の食事で病気のリスクを上げてしまうようなことがないように、
セルフケアを行っていくことがとても大切です!
そして歯科での定期的なクリーニングで、落としきれない細菌を一掃し、
健康な状態を維持できると良いですよね!
ご高齢の方には、歯磨きが困難なケースも多いと思います。
ご家族の手助けがとても大切になってきます。
病気になる前に、予防ができると良いですね!
皆さんがご家族とともに健康に過ごせる一年になりますように☆

みどりの森デンタルクリニックでは、歯科医師を募集しています!名だたる専門医の治療を間近で学べるチャンスです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
みどりの森デンタルクリニック

みどりの森デンタルクリニック

当院は、従来の削って詰める治療以上に細菌をコントロールすることに重点をおいています。

痛いところや気になるところがあれば先に処置しますが、まずは、患者さんの現状を把握するため、初診時にさまざまな検査(簡易型細菌検査・歯周病基本検査・レントゲン撮影など)を行います。

しっかりとご説明させていただき、ご納得していただいてから診療をすすめていきますのでご安心ください。