«  2013年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年8月31日

こんばんは☆

みどりの森デンタルクリニック町田の堀口です。

今日は前回に引き続き「ナイトガード」のお話しを
させて頂きたいと思います。

前回、歯ぎしりやくいしばりによる
歯や顎の関節への負担を抑えるために
ナイトガードの使用をおすすめしましたが、
では実際に歯へ負担がかかってしまった時の症状について
お話ししたいと思います。


歯ぎしりをすることにより、歯と歯がこすり合わされ
少しずつ歯の表面が削れてしまいます。
それに伴い起きてしまうのが知覚過敏です。

また、歯をぎりぎりと横に揺らすことにより、
歯を取り囲む歯肉にも負担がかかり、
歯肉退縮を引き起こしてしまいます。
歯肉が退縮することにより、歯の根本が露出してくると
それもまた知覚過敏の原因となります。


このように歯ぎしりは知覚過敏と密接な関係があり、
他にも、銀歯など被せ物が取れてしまう原因にもなります。
それだけでなく、顎関節症や肩こり、頭痛なども
誘発してしまうので、
たかが歯ぎしり・・・と侮ってはいけないものですね(+_+)


ではナイトガードはどうやって作製したら良いのか・・・
それは、お口の中で上の歯の型をお取りすることが出来れば、
約1週間程で作成することができます。

出来上がったプラスチックのマウスピースを
夜寝ている間に装着するだけなので、
慣れてしまえばとても簡単です!


上の症状に少しでも当てはまる方がいらっしゃいましたら、
ぜひ一度ご相談にいらして下さい!


最後に・・・
明日9月1日より、スタッフブログが3院共通のブログに変わります。
3院で代表のものが1人日替わりで更新していくので、
今までの体系とは異なりますが、
引き続きご愛読して頂けるよう、取り組んでいきたいと思っておりますので
これからもよろしくお願い致します。

みどりの森デンタルクリニック町田
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月30日


こんにちは(^_^)v
東京都 町田市 みどりの森デンタルクリニック 八木澤です。

今日はまた猛暑日と朝テレビで言っていました!
久しぶりの暑さは辛いですね(+_+)


先日、患者様で「夕方になると口臭が気になる」という方がいらっしゃいました。


以前にも、口臭についてはお話しさせて頂いておりますが

やはり口臭の主な原因はお口の中の細菌です。


検査をした結果、その患者様の場合は


プラークコントロールが出来ていなかったこと、

喫煙習慣があること、

この二つが主な原因ではないかとお伝えしました。


ですので、当院でブラッシング指導をさせていただき、


お口の中を清潔に保てるようお手伝いをさせていただきたいと思います(^_^)/~


一人でも多くの患者様がご自身のお口に自身がもてるようになって頂けたら幸いです☆

みどりの森デンタルクリニック町田
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月29日

 おはようございます!
早いもので今週で8月も終わりですね。お店には秋服が並びはじめていますが、まだまだ長袖は必要なさそうです。


さて、先週に引き続き本日は 酸蝕症の予防法についてお話をしたいと思います。

酸蝕症は、歯の再石灰化を強化すれば食べた直後に一時的に溶けた歯はすぐに戻るので、酸蝕症になることを防げます

一方、砂糖などが含まれる間食があると修復がとまってしまいます。さらに就寝中は唾液の分泌自体が減少するため、ほとんど修復がおこりません。
就寝前の酸性食品の摂取は、酸蝕症を進行しやすいといえます


砂糖などの間食、就寝前の酸性食品を控えることが、酸蝕症の予防法となります


みどりの森デンタルクリニック町田
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月28日

こんばんは。
突然ですが皆様の歯はどんな色をしていますか?
私はコーヒーが大好きで毎日何杯も飲むのでやや黄ばんでいます。
やっぱり白い歯は顔が明るく見えたり、健康的な印象を与えたりと大変憧れます。
そんなホワイトニング、海外ではもはや常識・マナーにまでなっている国もあるんだとか。
日本でも歯科医院で安全な方法で簡単に白い歯を手に入れることが出来るようになってきました。
主なホワイトニング方法は2つ。
1つ目はオフィスホワイトニングといって、歯医者さんで歯を漂白する方法です。
2つ目はホームホワイトニングといって医師の指示のもと患者さまが自宅で自分のペースでホワイトニングをする方法です。

当院はホームホワイトニングを扱っております。
流れは以下の通り。
ホワイトニングを始める前に診察し歯の色を確認するため写真を撮ります。
型取りをしてマウスピースを作成します。
自宅での使用方法や注意事項を説明致します。
自宅でマウスピースと専用の薬液を用いてホワイトニングを行います。

とっても簡単ですね。
しかしこのホワイトニングどなたにもご利用いただけるものではありません。
歯の質や治療経験などによっては効果が得にくい場合があります。
また虫歯のある方や、歯石が付いている方は先に治療やクリーニングを行う必要がございます。
ホワイトニングに興味のある方はぜひ一度当院にご相談ください。

みどりの森デンタルクリニック町田
http://www.machida-midorinomori.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月27日


おはようございます。みどりの森デンタルクリニック 町田 受付 北村です。

本日は歯磨き粉のお話です。

チェックアップフォームという泡の歯磨き剤 ご存知でしょうか?


歯磨き粉と使用は同じなのですがなんと!泡ででてくるのです。

フォームタイプなので少ない使用量で効果的にフッ素が働きます。
味もマイルドなのでまだ上手にうがいが出来ないお子様にもおすすめです。


みどりの森デンタルクリニック
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月26日

こんばんは、みどりの森デンタルクリニックの中保です。
今日は自分自身の食生活について、振り返ってみましょう。

食事をしたとき、お口の中では虫歯菌が糖質や糖分などをエサにして
強い酸を出します。
間食が多かったり、甘い飲み物を頻繁に口にしたりすることで
お口の中の虫歯菌が活発に働いて酸を出し、歯を溶かしてしまうのです。

間食をするときは、時間を決めるなどして、
だらだら食いをしないように心がけましょう!


虫歯を避けるために、間食を減らすことも一つの方法だと思います。

歯磨きをすると食欲が減退する、という話を聞いたことがあります。
お口の中をキレイに保てる上に、ダイエットにも繋がりそうですね(^^)

間食が多い方は、一度試してみてください!
私も今日から意識しながら歯磨きしてみようと思います☆


みどりの森デンタルクリニック
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月25日

こんばんは。みどりの森デンタルクリニックの中村令子です。

来月からみどりの森デンタルクリニックのブログが変わります。3医院(座間・高座渋谷・町田)のスタッフが日替わりでブログを更新して参りますのでどうぞお楽しみに♡ちなみに私は9月22日(日)です(^_^)v

皆さんは知覚過敏って聞いたことがありますか?

img_1142445_36310400_0.jpg

<上記の図をご覧ください>
エナメル質の内側の象牙質が露出することにより象牙細管という管から歯髄に刺激が伝わり、「キーーン」としみる症状が起きることを言います

<原因と予防法>
エナメル質に無理な力が加わることによる強いブラッシングや歯ぎしり、または歯周病などによる歯ぐきの後退により引き起こされます。そのため、適切なブラッシング方法やマウスピースの装着で力をかけすぎないようにしたり、定期健診で歯周病の進行を抑えることが重要になってきます。もしその症状が出てしまったら、知覚過敏用の歯磨き粉や歯科医院でのケアをおすすめします。

みどりの森デンタルクリニック
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月24日


こんばんは☆

先週の土曜日までお休みを頂きまして
皆様には大変ご迷惑をお掛け致しました。
8月ももうすぐ終わりますが、
今後ともよろしくお願い致します。


さて今日は、ナイトガードについて
お話しさせて頂きたいと思います。


先日 頬の筋肉が疲れているような感じと、
肩こり、頭痛が続く時があり、
どうしてだろうとよくよく考えると、
先週は、長期休暇だったので
少し生活リズムが乱れてしまい
睡眠時間が普段より短めな日が続いていました。


寝ている間の歯ぎしりやくいしばりの原因は、
ストレス等が考えられますが、
睡眠不足や、疲労等もその要因になるそうで、
私は元の規則正しい生活を取り戻すだけで
今までの症状はなくなりました。


しかし慢性的に歯ぎしりやくいしばりを
してしまっている方は、
症状が緩和されなかったり、
気づかない間に歯や顎の関節に
負担がかかってしまいます。

そういった方は、歯にかかる負担を軽減するため、
ナイトガードというマウスピースの装着を
おすすめ致します。


これは保険診療の範囲で
費用は¥5000程で作製する事が出来ます。


ナイトガードの詳細については
また次回続きをお話しさせて頂きたいと思います。

もしこのような症状で
お悩みの方がいらっしゃいましたら、
お気軽にご相談ください。


みどりの森デンタルクリニック町田
http://www.machida-midorinomori.com/


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月23日


こんにちは。東京都町田市 みどりの森デンタルクリニック 矢花です(^^♪

8月も後半ですね!蒸し暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?


今日は先日、先生から唾液についての新聞記事をスタッフに紹介して頂きましたので

その記事について皆様にもお伝えしたいです!(^_^)/

唾液には、さまざまな役割があります。

湿潤作用(噛み砕く、飲み込む、口腔機能の活性化)

消化作用

粘膜の保護

洗浄作用

このほかにも、虫歯の発生を防いでくれたり、抗菌作用、再石灰化、粘膜の傷の修復などなど
さまざまな働きをしてくれています。


唾液は口を良く動かしたり、ガムを噛んだりすることで分泌を促す事ができます。

唾液が出にくく、口腔内か渇きやすい方はガムマッサージなどで分泌をうながすこともできます。

まずは、毎日のお食事から意識して沢山噛むようにして召し上がられてはいかがでしょうか(^^♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月22日


おはようございます!
今日は、ここ数日と比べて、気温がさほど?上がらない分、湿度がとても高く、汗ばむ一日となりそうですね。

2週にわたってお話をさせて頂いておりますが、本日は、酸蝕症の症状についてお話していきたいと思います。

酸蝕症は、歯の表面が溶ける病気なので、虫歯のように痛みなどの自覚症状が出ることはありません。

歯の表面のエナメル質が溶け出すと、歯に白い斑点が見られたり、透明感が増したり、象牙質が透けてみえるなどの、見た目の違いがみられるようになります。

これは、歯の表面が粗造で弱く柔らかい状態のことをいいます。

酸蝕症になった虫歯は、虫歯に対してとても弱くなっているので、歯磨きなどの摩擦で、柔らかい部分が削られてしまうこともあります


この場合、知覚過敏の症状がでることもあります。

ですが酸性の食べ物をたべたからといって、すぐに歯がとけて虫歯になるわけではありません。

過剰に摂取しなければ、食事制限などを考える必要はありませんのでご安心ください。

来週は、酸蝕歯の予防法についてお話していきます。

みどりの森デンタルクリニック町田
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月21日

こんにちは。
8月は2回にわたりフッ素の働きについてお伝えいたしました。
虫歯予防に効果的なフッ素ですが、正しい使い方をしなければ、十分な効果を得ることができません。

せっかくフッ素入りの歯磨き粉を使っているのに、歯が健康にならないのはもったいないですね。

今日は一番簡単な歯ブラシでの使い方をお伝えいたします。

①フッ素入りの歯磨き粉を用意します。
②歯ブラシは濡らさず、歯磨き粉を大人2㎝、子供1㎝つけてください。
③泡をはきださず3分以上磨いてください
④お口にたまった泡を捨てず少量の水で30秒間ゆすいでください。
⑤最後に1回ゆすぎます。
⑥歯磨きの後2時間以上お口になにもいれないでください。

この方法を毎日継続しますと①歯質の強化、②細菌の働きの抑制、この二つの効果を得ることができます。
さらに毎日の歯磨きに加え、歯科医院の定期健診で3~6か月ごとに高濃度のフッ素を塗布してもらうとより効果的です★
当院の定期健診でも毎回フッ素塗布をおこなっております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月20日

こんにちは
みどりの森デンタルクリニック 町田 北村です。

突然ですがバイオフィルムとうい言葉を聞いたことありますか?

バイオフィルムとは虫歯菌が自分を守る為に作り出します。粘着力の強いバリアーです。虫歯菌は砂糖をえさにグルカンというべたべたした物質を作りますがこのグルカンの表面に丈夫な膜の出来たものがバイオフィルムです。

虫歯菌はその中でぬくぬくと増殖します。そして歯を溶かしていきます。

なんだか文章にするととても怖いですね。

当院でもバイオフィルムを取り除くことは出来ますのでぜひご来院下さい。

みどりの森デンタルクリニック
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月19日

こんばんは。みどりの森デンタルクリニックの中保です。


今日は、虫歯経験によって生まれる虫歯のリスクについて、お話します。


多くの人は、多かれ少なかれ虫歯になった経験があると思います。

虫歯になったら、その部分を削って、かぶせ物や詰め物をしていきます。

それで治療は終了ですが、実はそこで安心してはいけないのです。


一度でも削った歯は、かぶせ物、詰め物と歯の隙間から細菌が侵入してしまう可能性があります。

特にかぶせ物、詰め物と歯との間に段差が出来ていると虫歯の再発リスクが高まります。


虫歯の再発を防止するために、毎日の歯磨きに加えて、

虫歯の治療が終わってからも定期的に歯科医院に通い、

かぶせ物の下が虫歯になっていないか、段差が出来ていないか、を確認することをおすすめします。

自分自身の歯を長く持ち続けるためには、自分の歯のための時間を少しでも作ることが大切だと思います。

お気に入りの美容院を探すように、お気に入りの歯医者さんを探してみて下さい☆

当院も、多くの方々の歯を守る手助けをさせていただければと思います。

みどりの森デンタルクリニック
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月18日

こんにちは。みどりの森デンタルクリニックの中村令子です

8/11~8/17まで休診にさせて頂き、皆様にはご迷惑をおかけしました。8/18から通常どおり診療しております。

前回のクイズの正解です。下の写真は舌側の左右にふくらみが見られます。これは何でしょう?
13080401.JPG

  ①先天障害
  ②口内炎
  ③骨の隆起

正解は・・・③骨の隆起です。原因はさまざまですが、歯ぎしりや食いしばりで歯の根を支える骨に負担がかかり、過剰な増殖が起こるためと言われています。年齢で30歳代~60歳代に多く見られ、70歳代で減少するそうです。ちょうど働き盛りでストレスが溜まりやすい方に見られ、無意識に力をかけているのかもしれません。

骨隆起を防ぐために・・・
 ①唇は閉じた状態で上下の歯は咬み合せず1mm以上空けるようにする
  (舌の先を上あごに付けるようにする)
 ②頬杖をついたり、片側だけで咀嚼する癖はありませんか?
 ③マウスピースの装着で負担を軽減する方法もあります。

みどりの森デンタルクリニック
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月10日

 
こんばんは☆

みどりの森デンタルクリニックの堀口です。

今日は今年1番の暑さということで、
今夜も熱帯夜になりそうですね。

寝ている間にも熱中症になってしまうようなので、
寝る前にコップ1ぱいお水を飲んで寝ると良いそうです!!


では今日は当院で行っている
「RDテスト」についてお話させて頂きます。

RDテストとは、
お口の中の虫歯菌の数を簡単に調べる検査です。

この方法は、お口の中から唾液を少し採取し、
専用のシートに垂らしたものを、
体温で15分間保温させ、、シートの色の変化で
虫歯菌のおおまかな数を調べるというものです。


この虫歯菌の数をコントロールし、
虫歯の予防を重点としているのが、
みどりの森デンタルクリニックの特徴であります!

夏休みに入り、アイスや間食が増えてしまうこの時期に、
ぜひ一度お口の中の検査をおすすめ致します!


また、当院も明日12日より夏休みを頂いております。
18日日曜日からの診療となりますので、
よろしくお願い致します。


みどりの森デンタルクリニック町田
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月 9日

こんばんは。
先週に引き続きフッ素の働きをご紹介いたします。
フッ素には2つの働きがあるといわれています。
1つ目の働きは歯質の強化でした。
ではもう1つの働きとは...
それは虫歯の原因になる細菌への働きかけです。
フッ素は虫歯の原因となる酸を作るという細菌の働きを抑制してくれます。
①歯質の強化(守り)と②細菌の活動抑制(攻め)で虫歯予防できるのですね。

みどりの森デンタルクリニックでは歯科医師・歯科衛生士・トリートメントコーディネーターが適切なフッ素の使用方法をご案内いたします。
関心のあるかたはぜひお越しくださいませ。

みどりの森デンタルクリニック
http://www.machida-midorinomori.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月 8日

おはようございます!

東京都  町田市 予防歯科 みどりの森デンタルクリニック の田島です。

ここ最近は、突発的な豪雨がみられていましたが、ここ一週間くらいは、とても暑い夏!らしい夏!がやってくるようです。

 先週は、酸蝕歯についてお話いたしましたが、今週は、酸蝕症の原因についてお話したいと思います。


酸蝕症の原因となるもの

果物ですと、 グレープフルーツ、レモン、ミカンなどの柑橘系

飲みものや調味料でいうと ジュースなどの炭酸飲料、ワイン、お酢などがあがります。


イメージされるとおり、酸を含むすっぱい味がするものが歯のダメージを与えやすい食べ物と考えられます。

ですが、このような食べ物も必ず酸蝕症になるというわけではなく、過剰に長い時間食べ続ける、飲み続けるようなことをしなければ、基本的に問題はありません。

ですので、酸っぱい味のするものを習慣的に好まれる方は、できるだけ時間を決めて、召し上がっていただくことをおすすめします。

 次回は、酸蝕症の症状についてお話したいと思います。

みどりの森デンタルクリニック
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月 7日


こんにちは。
東京都 町田市 予防歯科 みどりの森デンタルクリニック 矢花です

今日は 口臭 についてお話しします_(._.)_


まず、口臭が起こる原因はお口の中に常在している細菌が源となっています。


唾液や歯垢の中にはたくさんの細菌がいて、食べカスなどを栄養源に増殖を繰り返しています。


虫歯も歯周病も細菌が原因で起こりますので、虫歯や歯周病がある方は要注意です。


では、口臭を予防するにはどうすればよいのでしょうか?

①虫歯や歯周病の治療をする

②正しいブラッシングを行い、お口の中を清潔にする

③舌苔(ぜったい)の清掃をおこなう

④口臭予防補助商品を使う

④義歯の清掃

⑤定期検診をおこなう

 

お口の中の1mgの歯垢のなかには1億個の細菌がいるといわれています。

ご自身に合ったセルフケアと定期健診で清潔な口腔内でお過ごしいただきたいです(^_^)v


みどりの森デンタルクリニック
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月 6日

おはようございます。
本日もとても暑いですね。。頑張って行きましょう!

本日はフロスのお話です。
みなさんフロスは歯磨き前・後どちらにしますか?


正解は歯磨き前です。
前にする方が歯に詰まった食べかすもしっかり取れますし、前のブログでもお話しましたイエテボリ法でのブラッシング方法ですと歯磨き後は1回。その後は出来れば控えた方かいいので、先にフロス→うがい→ブラッシングが望ましいですね!

みなさんもぜひ歯ブラシ前にフロス週間を!

みどりの森デンタルクリニック
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月 5日

こんばんは、みどりの森デンタルクリニックの中保です。


今日は当院でも行われている、一日で終わる自費のセラミックの詰め物をご紹介したいと思います。

通常は虫歯になったら、銀歯を被せることが多いですが、
銀歯は適合不良な部位から虫歯になっていることが非常に多いです。

今回紹介したいセラミックの詰め物は、ダイレクトボンディングといい、
虫歯を取った後に歯に詰めていきます。
みるみるうちに元の歯のような白い歯になっていきます!しかもたった一日で!

当院のスタッフもお口の銀歯をダイレクトボンディングに変えているところです!

全ての銀歯をダイレクトボンディングで治療できるわけではないですが、
ぜひご興味のある方は当院にてお気軽にお尋ね下さい。

目指せ!白い歯!

スタッフ一同、心よりお待ちしております!


みどりの森デンタルクリニック
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月 4日

こんばんは。みどりの森デンタルクリニックの中村令子です。

毎日暑い日が続いていますね。町田駅周辺で最近よく見かけるのは浴衣を着た方々・・・夏の暑さも忘れてしまうくらい涼しげで素敵な装いですよね。

では今週のクイズです
下の写真は舌側の左右にふくらみが見られます。これは何でしょう?
13080401.JPG

  ①先天障害
  ②口内炎
  ③骨の隆起
この中に正解があります。
ある現象が起きると、このようなふくらみを生じてしまいます。来週日曜日のブログで説明いたします。

みどりの森デンタルクリニック
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月 3日


こんにちは☆

みどりの森デンタルクリニック町田の堀口です。

今日は「MIペースト」について
お話しさせて頂きます。


私たちの歯は、ハイドロキシアパタイトという
カルシウムやリンなどのミネラルで構成されています。

このミネラルは、私たちが飲食するたびに
少しずつ歯から溶け出してしまいます。

飲食後、酸性に傾いた口腔内を中性に戻すまでには
時間がかかるので、
食後は必ずブラッシングが必要です!


今日ご紹介するのは、
MIペーストというミネラルパックで、
これにはCPP-ACP(リカルデント)という成分が含まれており
酸性に傾いた口腔内を、中性に戻してくれる働きがあります。

ブラッシングの後に、これを塗布するだけなのでとても簡単です!!

実際に使用している方から、
歯がつるつるになったというお話がありました!


ご興味のある方はぜひお声かけ下さい☆

みどりの森デンタルクリニック町田
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月 2日


おはようございます(^_^)/~

東京都町田市みどりの森デンタルクリニック 矢花です。

虫歯になっていないのに、冷たい物がしみる「知覚過敏」


どう治療するのかというと、、


まずは、知覚過敏用の歯磨剤を使ってみてください。


それでも症状が改善しないようだったら、


歯科でコーティングを塗り、象牙細管をふさぎます。


それでも、症状が改善しない場合は歯の内部で炎症が起きている治療の難しいケースです。


歯の中に最近が入り、炎症を起こしている可能性があるのでレジンやセメントを詰めて炎症が治まるのを待ちます。。


それでもしみてしまうようなら、炎症が重度の場合は神経を取らないと痛みを止めることができません。


アイスが美味しいこの季節、しみてしまう方は一度、診察にいらしてください(^_^)v


みどりの森デンタルクリニック
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年8月 1日

 
こんにちは!いよいよ8月もスタートしました。

今日は、「酸蝕症」についてお話したいと思います。


歯の表面の白く見える部分には、エナメル質と呼ばれる体の中で最も固いとされている組織があります。
そんなかたーいエナメル質の弱点は、「酸」です。

酸によって脱灰して溶けてしまいます。歯の表面が、ph5.5以下に長時間さらされると、次第に脱灰が起こりエナメル質も軟かくなり、穴があいていきます。

虫歯の場合、プラーク(歯垢)に集まっている最近が、砂糖などをえさに酸を出します。


一般的にはこのように最近が原因で歯に穴があいてしまうことを「虫歯」都呼んでいますが、実は食べ物でも同じように酸性の環境になる、歯の表面を溶けてしまったり、弱くなってしまうことがあるのです。


これを酸蝕歯といいます。

来週は、酸蝕症の原因についてお話できればと思います。


もうすぐ夏休みの方々も今まさに夏休み中の方も熱中症にはお気を付けください。


みどりの森デンタルクリニック
http://www.machida-midorinomori.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2013年7月 | メイン | 2013年9月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
みどりの森デンタルクリニック

みどりの森デンタルクリニック

当院は、従来の削って詰める治療以上に細菌をコントロールすることに重点をおいています。

痛いところや気になるところがあれば先に処置しますが、まずは、患者さんの現状を把握するため、初診時にさまざまな検査(簡易型細菌検査・歯周病基本検査・レントゲン撮影など)を行います。

しっかりとご説明させていただき、ご納得していただいてから診療をすすめていきますのでご安心ください。