トップへ » ブログ再開しました!

ブログ再開しました!

ブログ再開!!
みなさまこんにちは!みどりの森デンタルクリニック理事長の須藤です。高座渋谷院のホームページを新規リニューアルしていたため、一時停止していたブログをまた始めますので、どうぞ皆様読んでいただければと思います。ペースは一週間に一回です。できるだけ皆様に役立つような内容にしていくつもり(もちろんプライベートのことも記載し、個人的に興味をもっていただくことも記載します)ですのでよろしくお願いいたします。

再開第1回目ですので、当院の設立当初のお話からさせていただきます。今から14年前、H13年5月に神奈川県は座間市に歯科の診療台(ユニット3台)で開業しました。スタッフ数は私も含め4人だけ。なんと診療時間は朝の9時から夜の8時まで。今の5時診療終了に比べると3時間も多く働いていました。この頃はただひたすら多くの患者さんを診療していました。医療理念は今と同じ「最小限の治療と最大限の予防」。
 開業前より予防のセミナーに泊まり込みで参加していましたので、虫歯は予防できる、歯周病は予防できる、歯科医院は虫歯ができてからくる場所だけではなく、ならないようにする場所にしようと、そんな思いで日々診療していました。
 初めは歯科衛生士もいなかったのでブラッシングや食生活の話、歯磨き粉はどのようなものがいいのかなど自分で話していたことを記憶しています。
それから患者さんにも恵まれ、スタッフにも恵まれて今は3つの診療所があり、診察台(19台)、スタッフ数も非常勤をいれると40人を超える人数になり、医療理念である「予防」は多くのスタッフから話すことが出来るようになり、毎年7000名近い患者さんが「予防」だけで当院を利用していただくようにまでなりました。乳歯は虫歯だらけだったのに、永久歯は虫歯0という患者さんを多くつくりだし、他院ではもう抜かなくてはダメといわれた歯も長期に残せた患者さんも目に付くようになりました。
日本の歯科医療はまだまだ虫歯予防の観点からいえば遅れています。虫歯・歯周病になる前に歯科医院に通い、専門家による口腔内のケアをする「メインテナンス」という文化が予防先進国では根付いています。スウェーデンやフィンランド、アメリカなどは国民の8割が「メインテナンス」を受けに歯科医院を利用しているのです。日本はまだまだ数パーセントのメインテナンス率なのです。削って詰める治療行為より、虫歯にさせない治療行為(まったく痛みなく受けることができます)のほうがどう考えてもメリットがあります。それを多くの人にえるために当院が存在すると考えています。ぜひ、これを読まれた方は、歯科医院を病気になってくる場所ではなく、病気(虫歯や歯周病)になる前に利用していただければ幸いです。
今思えば、14年前には「予防」「メインテナンス」という言葉は、今やCMや雑誌等で当たり前の言葉として知れ渡っていますが、当時はほとんど聞くことはありませんでした。できることなら数年後、数十年後には日本の国民の8割が「メインテナンス」に通っている、そんな状態になれれば本当に素晴らしい国になると思います。
これから日本は超高齢化を世界に先駆けて迎えます。月刊誌「プレジデント」(2012.11.12号)の中の健康部門で「後悔したこと」55~74歳男女1000人アンケートの第一位は「歯の定期検診(メインテナンス)を受けていればよかった」でした。歯を失って後悔している人は本当に多いのです。プレジデント後悔ランキング.jpeg
当院は今現在、予防の分野はもちろんのこと、さまざまな歯科医療のスペシャリストを集め、患者さんの治療はもとより、我々スタッフの教育にもたづさわっていただいています。予防を広め、さらに歯科治療においても高いレベルで患者さんに提供できるよう日々努力を重ねています。次回のブログは当院が提供できる特殊治療をご紹介したいと思います。それではまた次回。


トップへ » ブログ再開しました!


はじめての方へ