2012年3月26日 « トップへ » 2012年4月11日

2012年3月28日

受付

受付
ホテルのカウンターをイメージした広々した受付カウンターにしました。荷物置きを設置しましたので、お会計時にも安心です。

待合室

待合室
歯科医院という場所の緊張感をほぐし、少しでも快適な時間を過ごしていただくため、待合室をひろびろとした開放感溢れる空間にしました。

パウダールーム


治療が始まる前の歯磨き、治療が終わった後のお化粧直しなどのためにパウダールームを設置しました。この場所でより輝く歯をご確認ください!また当院では、トイレが快適な空間であることも、とても大切な要素だと考えています。

カウンセリングルーム

カウンセリングルーム
当院ではいきなり治療のイスに座っていただくことはせず、まずは患者さんのご要望をじっくりとお聴きします。

完全個室のカウンセリング専用ルームをご用意しておりますので、歯の悩みはもちろん、費用や期間のことなど、どうぞお気軽におたずねください。「いろいろと相談出来て良かった!」という、喜びの声をいただいています。

予防ユニット

予防ユニット
当院では「最小限の治療と最大限の予防」を医院理念としていますので、予防歯科にはかなり力を入れています。その気持ちの表れとして、歯科衛生士による定期検診を実施しています。

治療ユニット

治療ユニット
各ユニット近くにモニターを設置。このモニターに、お口の中の写真を映しながらご説明することで、分かりやすい治療案内が可能になっています。また、CTなどの高性能な医療機器を取り揃え、より安全な歯科治療を行っております。

オペ室

オペ室
マイクロスコープを設置し、モニターで細部を確認しながら手術をさせていただきますので安心です。

院内設備

歯科用CT、デジタルパノラマ撮影、ワイヤレス口腔内カメラといった、最新鋭の画像診療システムを導入することで、より緻密で正確な治療を行っております。

CT (コンピューター断層撮影)CT
平面的な画像(2次元)しか見られないレントゲン写真では、影に入ってしまう部分は画像が重なってしまい、正確な情報を得ることが出来なかったと言っても過言ではありません。そこで導入されたのが、画像を3次元(立体的)でとらえることができる歯科用CTです。

レントゲン写真では見えにくかった部分はもちろん、歯茎の内部やあごの骨の状態までいろいろな角度から確認できるようになり、より正確な診断と高度な医療技術の提供が可能となりました。インプラント治療にも活用し、より安全な治療を実現しています。

マイクロスコープマイクロスコープ
歯科治療では、肉眼では確認できないほどの細かい作業が必要とされます。そこでドクターの強力な武器となるのが、この「マイクロスコープ」とよばれる顕微鏡です。

当院で使用するマイクロスコープは、眼科や脳外科手術などで使用されているのと同様のもの。最大で肉眼の約20倍での処置ができるため、本来抜かなければならない歯でも残せるなど、治療処理の精度が飛躍的にアップします。

小型生体モニター小型生体モニター
インプラントオペや困難な抜歯などに使用する小型生体モニターです。常にモニターを使うことで緊急時の迅速な対応が可能になります。

滅菌対策滅菌対策
歯科治療において忘れてはならないのが感染対策。当院では、高圧蒸気滅菌器、薬液滅菌、ガス滅菌など各種滅菌機器を取り揃えており、治療に使用するミラーやピンセットは、滅菌パックに入れて、患者さんの前で開封いたします。

また、患者さんにご使用いただくものは、コップやエプロンまで、可能な限りディスポーサブル(使い捨て)を徹底。小さなお子さんにも安心して治療を受けさせていただけるよう配慮しております。

一生涯自分の歯で食べられるための知識や治療を知っていただきたい

一生涯自分の歯で食べられるための知識や治療を知っていただきたい
はじめまして、みどりの森デンタルクリニック 理事長の須藤真行です。

当院では、医療理念として、「最小限の治療と最大限の予防」を掲げ、従来の「削って詰める治療」以上に、細菌をコントロールすることに重点をおいて、治療を行っております。むし歯・歯周病の原因である細菌をコントロールし、口腔内の健康を維持することが「本当の治療」と考えるからです。

まずは口腔内を健康な状態に回復し、定期的なメインテナンスによって、一生涯維持、継続することが重要です。平成13年5月より神奈川県座間市にて、平成16年9月大和市、平成23年9月より東京都町田市にて、診療してまいりましたが、座間ではこの10年で毎月300名を優に超える健康感の高い患者さんがメインテナンスを受けるためだけに来院し、大和市でも毎月200名を超える方々が、従来の削って詰める治療ではないメインテナンスを受けるために来院しています。

「ご来院いただく患者さんの歯を、できる限り削らずに守りたい!」という情熱のもと、丁寧でわかりやすいご説明を心がけ、スタッフとともに日々努力を重ね、心を込めて診療いたします。

自分が目指す歯科治療は予防歯科

自分が目指す歯科治療は予防歯科私が最初に勤務したのは東京都町田市の歯科医院で、当時、指導していただいた先輩のひとりから、予防歯科という言葉をよく耳にしました。私は、その「予防」という言葉に強い興味を抱いたのですが、日々の診療に忙殺されていた数年間は、深く勉強するまでには至りませんでした。

しかし、「この先、どういうビジョンで歯科医として生きていけばいいのか」と目標を失いかけたとき、ふと、子供のころに"削らない・痛くない歯医者があればいいのに..."と思ったことを思い出したのです。「そうだ。俺が進むべきは予防の道だ!」とひらめき、俄然やる気になった私は、独自に勉強を始め、日本における予防歯科の第一人者といわれる、山形県酒田市のとある診療所へ見学に赴きました。

そうして、「自分のなるべき歯科医師像」を確固たるものとし、平成13年には、座間にて、みどりの森デンタルクリニックを開業するに至ったのです。その後、「もっと多くの患者さんにメインテナンスの重要性を理解してもらい、広く世間に知ってもらうためには、一件の医院だけでは時間もスペースも足りないのではないか?」と考え、平成16年には、大和市の高座渋谷駅前に分院を開業しました。

さらに、平成23年9月には、この町田にもオープンの運びとなり、より多くの患者さんに、「一生涯自分の歯で食べられるための知識」を知っていただくお手伝いができることに、誇りと喜びを感じています。

チームワークを重視し、スタッフ教育に力をいれている

チームワークを重視し、スタッフ教育に力をいれている当院では、「最小限の治療と最大限の予防」をコンセプトに掲げておりますが、それは何も患者さんに対してのみ当てはまることではありません。院長とスタッフ、スタッフ同士の間でも、このコンセプトを常に大切にしています。

歯科医院の仕事は、さまざまな職種が関わり合う「チーム医療」です。なのに、スタッフ同士の仲が悪かったり、連絡や連携がスムーズでなかったなら、無駄な動きが多くなりがちです。そんなことでは、患者さんにより良い医療を提供することはできません。

そこで当院では、連絡事項をスムーズにすることや、お互いを尊重し合うこと、各職種によっての視野を把握することなどを目的として、チームを組んで定期的に症例検討会を実施しております。

さまざまな職種により行われる検討会ですので、ひとつの視野に固まることなく、非常に柔軟な視野を身に付けられると同時に、職種間の相互理解にも繋がるのです。さらに当院では、さまざまなセミナーや勉強会も積極的にも参加、実施をしています。多くの医院とのネットワークがあり、新しい器具や技術なども、先駆者の医師や衛生士の方々から学ぶことができる環境で、スタッフ全員が常にスキルアップに努めています。

日本のメインテナンス率を1%でも上げていきたい

今後について「痛くないのに歯医者に行くの?」と疑問を感じる方は、歯科医院に通うことと、「病気になったから病院に行く」というイメージがイコールになっているのだと思われます。だとしたら、毎日健康に過ごすために、スポーツクラブに通って運動したり、健康食品や栄養補助食品を摂取したり、人間ドックを受けたりするといったことを想像してみてください。

これらは、体が病気にならないように「予防」しているわけですね。このことを、お口の中のことに置き換えていただくと、「予防歯科(メインテナンス)」の必要性を解っていただきやすいと思います。

欧米諸国に比べると、日本の歯科治療においては、まだまだメインテナンスの普及が遅れているのが現状です。だからこそ私は、行動力があるパワフルなスタッフとともに、一人でも多くの患者さんに、「歯の本当の健康」を知っていただけるように努めています。

日本のメインテナンス率を1%でも上げることで、患者のみなさんの「これから」を支える歯科医院になれるよう、私の挑戦はまだまだ続きます。そして私自身、1㎜でもいいから日々成長していきたいと考えています。

経歴

真和会 理事長:須藤 真行経歴
平成9年3月    松本歯科大学 卒業
平成9年4月    医療法人社団厚誠会勤務
平成13年5月  みどりの森デンタルクリニック開業
平成16年1月  医療法人財団真和会設立
平成16年11月  みどりの森デンタルクリニック高座渋谷開業
平成23年9月  みどりの森デンタルクリニック町田開業

資格・学会
日本顕微鏡歯科学会認定医
日本臨床歯周病学会 会員
日本口腔衛生学会 会員
日本インプラント歯科学会 会員
咬合医学研究所 会員

ようこそ! みどりの森デンタルクリニックへ

ようこそ! みどりの森デンタルクリニックへ
数ある歯科医院の中から、当院を選んでいただき、ありがとうございます。
当院は、「最小限の治療と最大限の予防」を理念に掲げ、「真の歯科医療」を追い求めています。

むし歯・歯周病の原因である細菌をコントロールすることを第一に、口腔健康医学がもっとも進んでいる北欧諸国の診療スタイルを取り入れました。「ご来院いただく患者さんの歯を、できる限り削らずに守りたい!」という情熱のもと、丁寧でわかりやすいご説明を心がけ、心を込めて診療いたします。
 

どなたでも気軽に通えるアットホームな歯科医院

アットホームな歯科医院「みどりの森~」という医院の名前は、私が勤務医時代より在住していた座間の、みどりあふれる風景からとったものです。私自身が子供のころに、"削らない・痛くない歯医者があればいいのに..."と思ったことをきっかけに、「予防歯科医療の道」を目指しました。

「一生涯自分の歯で食べられるための知識」を知っていただき、小さいお子さんからお年寄りまで、皆さんに気楽に通院していただける医院を目指し、スタッフとともに日々努力を重ねています。

詳しくはこちら
 

些細なことでも相談できる『トリートメント・コーディネーター』

トリートメント・コーディネーター歯科医院での初診時、すぐに治療用のチェアに座らされ、ドクターから「どうしましたか?」と聞かれても、上手く説明できなかったり、「治療を始める前に料金のことを相談したいんですが...」と言えなかったりしませんか?

当院では、初診時にいきなりチェアに座っていただくのではなく、カウンセリングルームへご案内します。そして、歯科医師に代わって患者さんのお話や悩み、ご希望など聴かせていただくのが、トリートメント・コーディネーターです。

治療方法のこと、費用のこと、自分の口の中の詳しい状態、手術への不安など、どんな些細なことでも、ぜひ当院のトリートメント・コーディネーターにお話しください。ご満足いただけるまで、誠実に対応させていただきます。

トリートメント・コーディネーターについて詳しくはこちら
 

最新の設備で、緻密で正確な治療が受けられる

最新の設備当院では、歯科用CTやマイクロスコープといった最新鋭の医療機器を積極的に導入しています。

歯科医が対象とするものは、小さな歯。そして、その中に通っているさらに細く小さな神経や血管です。また、狭い口の中のことなので、患部が、手前の歯の陰になってしまうこともめずらしくありません。

たとえば、神経にまで及んでしまったむし歯を放置しておくと、最終的には抜歯するしかなくなってしまいますが、こうした状況を阻止し、ご自身の歯を残すための方法に根管治療というものがあります。

歯の根をキレイに洗浄・殺菌することで歯の維持につなげるのですが、歯の内部構造は非常に複雑なため、根管治療には、一般的な歯科治療以上に細かくて精密な作業が必要です。そこで当院では、「マイクロスコープ=歯を拡大して確認できる高性能顕微鏡」を用いて、より確実な治療を行っています。

また、通常用いられるレントゲン撮影(エックス線検査)に加えて、3次元(水平・垂直・奥行)で撮影できる歯科用CTも、さまざまな診察や治療に活用しています。歯科用CTで撮影すると、歯の内部や骨の中など、直接見えないところまで把握できるので、必要最小限の治療が綿密かつ正確に行えます。

根管治療について詳しくはこちら
CT外来について詳しくはこちら

 

むし歯の原因を取り除く「予防治療」

予防治療「歯は痛くなったら治療するもの」という意識では、歯の健康を守ることは難しいと思われます。そこで、当院が理念としているのは、「最小限の治療と最大限の予防」。そう、むし歯にならないためのケアを徹底すれば、治療する必要はほとんどなくなるのです。

この「予防ケア=予防治療」の一環として「メインテナンス」があり、当院では、専任の歯科衛生士による、口腔全体の予防プログラムを用意しております。

ブラッシング指導やスケリーング(歯石除去)、専門的なクリーニングなどによって、むし歯や歯周病の原因となる細菌をコントロールすることで、さまざまなトラブルを未然に防ぐことが可能です。

「治療をしたはずの歯が何度もむし歯になってしまう」「ブラッシングしているのに、むし歯になりやすい」「口臭が気になる」といったお悩みがある方には特におすすめです。「まだ、治療以外で歯科医院に行ったことがない」という方がいらっしゃいましたら、これを機会に、ぜひ一度ご来院ください。

予防歯科について詳しくはこちら
 

初診時に徹底検査してから治療計画を立てる

初診時に徹底検査してから治療計画を立てる当院では、従来の「削って詰める治療」以上に、細菌をコントロールすることに重点をおいています。そのため初診時には、カウンセリング(患者さんからの聞き取り)と、さまざまな検査による歯の健康診断を行っています。

検査は、レントゲン写真撮影、RDテストという簡易型の細菌検査、術前・術後の変化を記録するための口腔内写真撮影、歯周ポケットの深さをはかり、出血の有無を調べる歯周基本検査などです。もちろん、痛いところや気になるところなどは、必要に応じて、初診時に応急処置をいたしますのでご安心ください。そして、応急処置だけでなく、「なぜそうなったのか」という原因も検証します。

次の段階では、カウンセリングでお伺いした内容や初診時の検査結果をもとに、一人ひとりに最適な治療計画を立てて、お話させていただきます。現状や、どうすれば細菌のコントロールができるか、その後の治療の流れなどをご確認いただきます。

当院ではこのように、応急処置以外は、削って詰める治療はすぐには行いません。治療の回数も時間も多くなりますが、こちらにつきましても、しっかりと説明させていただき、ご納得いただいてから診療をすすめていきますので、ご安心ください。

治療の流れについて詳しくはこちら
 

できるだけ痛くない、削らない治療

できるだけ痛くない、削らない治療歯科医院には「痛い」「怖い」「キライ」というネガティブな印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

当院では、できるだけ歯を削らない・抜かない治療を心がけています。しかし、むし歯の大きさによっては、止むを得ず削らなければならないこともあります。

そこで当院では、歯を削るメリット・デメリットをきちんと説明したうえで、患者さんのご要望をお聞きしながら治療を行います。さらに、治療の際には、痛みを最小限に抑えるさまざまな工夫を行っています。たとえば、麻酔注射の前の表面麻酔や針を刺すときの工夫など、細部に至るまで気を遣っていますので、痛みに対して敏感な方でも安心して治療を受けることができます。

一般歯科について詳しくはこちら


2012年3月26日 « トップへ » 2012年4月11日


はじめての方へ