トップへ » 真和会について » 院内ツアー » 院内設備

院内設備

歯科用CT、デジタルパノラマ撮影、ワイヤレス口腔内カメラといった、最新鋭の画像診療システムを導入することで、より緻密で正確な治療を行っております。

CT (コンピューター断層撮影)CT
平面的な画像(2次元)しか見られないレントゲン写真では、影に入ってしまう部分は画像が重なってしまい、正確な情報を得ることが出来なかったと言っても過言ではありません。そこで導入されたのが、画像を3次元(立体的)でとらえることができる歯科用CTです。

レントゲン写真では見えにくかった部分はもちろん、歯茎の内部やあごの骨の状態までいろいろな角度から確認できるようになり、より正確な診断と高度な医療技術の提供が可能となりました。インプラント治療にも活用し、より安全な治療を実現しています。

マイクロスコープマイクロスコープ
歯科治療では、肉眼では確認できないほどの細かい作業が必要とされます。そこでドクターの強力な武器となるのが、この「マイクロスコープ」とよばれる顕微鏡です。

当院で使用するマイクロスコープは、眼科や脳外科手術などで使用されているのと同様のもの。最大で肉眼の約20倍での処置ができるため、本来抜かなければならない歯でも残せるなど、治療処理の精度が飛躍的にアップします。

小型生体モニター小型生体モニター
インプラントオペや困難な抜歯などに使用する小型生体モニターです。常にモニターを使うことで緊急時の迅速な対応が可能になります。

滅菌対策滅菌対策
歯科治療において忘れてはならないのが感染対策。当院では、高圧蒸気滅菌器、薬液滅菌、ガス滅菌など各種滅菌機器を取り揃えており、治療に使用するミラーやピンセットは、滅菌パックに入れて、患者さんの前で開封いたします。

また、患者さんにご使用いただくものは、コップやエプロンまで、可能な限りディスポーサブル(使い捨て)を徹底。小さなお子さんにも安心して治療を受けさせていただけるよう配慮しております。


トップへ » 真和会について » 院内ツアー » 院内設備


はじめての方へ