トップへ » 真和会について » 理事長あいさつ・経歴

一生涯自分の歯で食べられるための知識や治療を知っていただきたい

一生涯自分の歯で食べられるための知識や治療を知っていただきたい
はじめまして、みどりの森デンタルクリニック 理事長の須藤真行です。

当院では、医療理念として、「最小限の治療と最大限の予防」を掲げ、従来の「削って詰める治療」以上に、細菌をコントロールすることに重点をおいて、治療を行っております。むし歯・歯周病の原因である細菌をコントロールし、口腔内の健康を維持することが「本当の治療」と考えるからです。

まずは口腔内を健康な状態に回復し、定期的なメインテナンスによって、一生涯維持、継続することが重要です。平成13年5月より神奈川県座間市にて、平成16年9月大和市、平成23年9月より東京都町田市にて、診療してまいりましたが、座間ではこの10年で毎月300名を優に超える健康感の高い患者さんがメインテナンスを受けるためだけに来院し、大和市でも毎月200名を超える方々が、従来の削って詰める治療ではないメインテナンスを受けるために来院しています。

「ご来院いただく患者さんの歯を、できる限り削らずに守りたい!」という情熱のもと、丁寧でわかりやすいご説明を心がけ、スタッフとともに日々努力を重ね、心を込めて診療いたします。

自分が目指す歯科治療は予防歯科

自分が目指す歯科治療は予防歯科私が最初に勤務したのは東京都町田市の歯科医院で、当時、指導していただいた先輩のひとりから、予防歯科という言葉をよく耳にしました。私は、その「予防」という言葉に強い興味を抱いたのですが、日々の診療に忙殺されていた数年間は、深く勉強するまでには至りませんでした。

しかし、「この先、どういうビジョンで歯科医として生きていけばいいのか」と目標を失いかけたとき、ふと、子供のころに"削らない・痛くない歯医者があればいいのに..."と思ったことを思い出したのです。「そうだ。俺が進むべきは予防の道だ!」とひらめき、俄然やる気になった私は、独自に勉強を始め、日本における予防歯科の第一人者といわれる、山形県酒田市のとある診療所へ見学に赴きました。

そうして、「自分のなるべき歯科医師像」を確固たるものとし、平成13年には、座間にて、みどりの森デンタルクリニックを開業するに至ったのです。その後、「もっと多くの患者さんにメインテナンスの重要性を理解してもらい、広く世間に知ってもらうためには、一件の医院だけでは時間もスペースも足りないのではないか?」と考え、平成16年には、大和市の高座渋谷駅前に分院を開業しました。

さらに、平成23年9月には、この町田にもオープンの運びとなり、より多くの患者さんに、「一生涯自分の歯で食べられるための知識」を知っていただくお手伝いができることに、誇りと喜びを感じています。

チームワークを重視し、スタッフ教育に力をいれている

チームワークを重視し、スタッフ教育に力をいれている当院では、「最小限の治療と最大限の予防」をコンセプトに掲げておりますが、それは何も患者さんに対してのみ当てはまることではありません。院長とスタッフ、スタッフ同士の間でも、このコンセプトを常に大切にしています。

歯科医院の仕事は、さまざまな職種が関わり合う「チーム医療」です。なのに、スタッフ同士の仲が悪かったり、連絡や連携がスムーズでなかったなら、無駄な動きが多くなりがちです。そんなことでは、患者さんにより良い医療を提供することはできません。

そこで当院では、連絡事項をスムーズにすることや、お互いを尊重し合うこと、各職種によっての視野を把握することなどを目的として、チームを組んで定期的に症例検討会を実施しております。

さまざまな職種により行われる検討会ですので、ひとつの視野に固まることなく、非常に柔軟な視野を身に付けられると同時に、職種間の相互理解にも繋がるのです。さらに当院では、さまざまなセミナーや勉強会も積極的にも参加、実施をしています。多くの医院とのネットワークがあり、新しい器具や技術なども、先駆者の医師や衛生士の方々から学ぶことができる環境で、スタッフ全員が常にスキルアップに努めています。

日本のメインテナンス率を1%でも上げていきたい

今後について「痛くないのに歯医者に行くの?」と疑問を感じる方は、歯科医院に通うことと、「病気になったから病院に行く」というイメージがイコールになっているのだと思われます。だとしたら、毎日健康に過ごすために、スポーツクラブに通って運動したり、健康食品や栄養補助食品を摂取したり、人間ドックを受けたりするといったことを想像してみてください。

これらは、体が病気にならないように「予防」しているわけですね。このことを、お口の中のことに置き換えていただくと、「予防歯科(メインテナンス)」の必要性を解っていただきやすいと思います。

欧米諸国に比べると、日本の歯科治療においては、まだまだメインテナンスの普及が遅れているのが現状です。だからこそ私は、行動力があるパワフルなスタッフとともに、一人でも多くの患者さんに、「歯の本当の健康」を知っていただけるように努めています。

日本のメインテナンス率を1%でも上げることで、患者のみなさんの「これから」を支える歯科医院になれるよう、私の挑戦はまだまだ続きます。そして私自身、1㎜でもいいから日々成長していきたいと考えています。

経歴

真和会 理事長:須藤 真行経歴
平成9年3月    松本歯科大学 卒業
平成9年4月    医療法人社団厚誠会勤務
平成13年5月  みどりの森デンタルクリニック開業
平成16年1月  医療法人財団真和会設立
平成16年11月  みどりの森デンタルクリニック高座渋谷開業
平成23年9月  みどりの森デンタルクリニック町田開業

資格・学会
日本顕微鏡歯科学会認定医
日本臨床歯周病学会 会員
日本口腔衛生学会 会員
日本インプラント歯科学会 会員
咬合医学研究所 会員


トップへ » 真和会について » 理事長あいさつ・経歴


はじめての方へ