トップへ » » 初診時に徹底検査してから治療計画を立てる

初診時に徹底検査してから治療計画を立てる

初診時に徹底検査してから治療計画を立てる当院では、従来の「削って詰める治療」以上に、細菌をコントロールすることに重点をおいています。そのため初診時には、カウンセリング(患者さんからの聞き取り)と、さまざまな検査による歯の健康診断を行っています。

検査は、レントゲン写真撮影、RDテストという簡易型の細菌検査、術前・術後の変化を記録するための口腔内写真撮影、歯周ポケットの深さをはかり、出血の有無を調べる歯周基本検査などです。もちろん、痛いところや気になるところなどは、必要に応じて、初診時に応急処置をいたしますのでご安心ください。そして、応急処置だけでなく、「なぜそうなったのか」という原因も検証します。

次の段階では、カウンセリングでお伺いした内容や初診時の検査結果をもとに、一人ひとりに最適な治療計画を立てて、お話させていただきます。現状や、どうすれば細菌のコントロールができるか、その後の治療の流れなどをご確認いただきます。

当院ではこのように、応急処置以外は、削って詰める治療はすぐには行いません。治療の回数も時間も多くなりますが、こちらにつきましても、しっかりと説明させていただき、ご納得いただいてから診療をすすめていきますので、ご安心ください。

治療の流れについて詳しくはこちら
 


トップへ » » 初診時に徹底検査してから治療計画を立てる


はじめての方へ