トップへ » » 3DS除菌外来 » まずは唾液検査で、感染しているむし歯菌の量を測定しましょう

まずは唾液検査で、感染しているむし歯菌の量を測定しましょう

唾液検査でわかるあなたにあったむし歯予防
当院では正確なデータを得るために、採取した唾液の検査を
臨床検査会(BML/ 医科で血液検査などをする会社)に依頼しています。

除菌外来
細菌検査の手順
▼1.問診
食生活やフッ素の使用状況など日常生活に関する問診を行います。

▼2.唾液を採取
5分間ガムを咬みながら、唾液を出していただきます。

▼3.唾液のpHを測定
唾液の、酸を中和する力を測定します。

▼4.口腔内の確認
ブラッシング状況の確認やむし歯にかかった本数を測定します。

▼5.検査結果のご説明
検索後約1週間で検査結果をご説明します。

むし歯菌リスク確定後に、除菌治療を開始します。むし歯菌は目には見えません。何度も治療を繰り返すのは、歯の質を弱めるばかりで根本の治療とは言えません。菌のリスクが高い方には3DS除菌療法をお勧めいたします。
もちろん、甘いもの(糖)を取りすぎれば、むし歯になりやすくはなりますが、ミュータンス菌がいなければむし歯にならないのです。当院の除菌外来で、一定期間むし歯にならない健康なお口づくりが可能になります。

むし歯の原因菌を除去できる画期的な最先端治療
除菌外来
近年、むし歯原因菌を直接除菌できる治療方法が開発され、当院でも導入する運びとなりました。鶴見大学花田信弘教授らが発明したもので、「3DS」(スリーディーエス)という治療方法です。3DSとは、Dental Drug Delivery System (デンタル・ドラッグ・デリバリーシステム)の略で、特殊薬剤を用いた、まったく痛みのない、むし歯菌の除菌療法です。

3DSを実施した口腔内は、一定期間、むし歯になることはほぼありません。そして日頃の食事内容やブラッシング、そしてメインテナンスをしっかり行うことで、その効果は持続します。


トップへ » » 3DS除菌外来 » まずは唾液検査で、感染しているむし歯菌の量を測定しましょう


はじめての方へ