トップへ » » CT外来(顎関節症など) » 歯科用CTで撮影を行なうメリット

歯科用CTで撮影を行なうメリット

CT●見えにくい、わかりにくい部分を具体的に確認できる
●治療時間&費用の短縮&削減⇒患者さんの負担軽減
●難易度の高い場合でも手術できる

歯科用CTで撮影すると、歯の内部や骨の中など直接見えないところまで把握できるので、正確で必要最小限の治療ができます。また、さまざまな角度から病気の進行を立体画像で表示できるので、患者さんご自身にも病状を把握していただきながら治療を進めることが可能になりました。

CTを完備していない医院では、大学病院・提携クリニックでの撮影が必要なため、撮影までの期間が長くなったり、別途日程の調整が必要な場合があります。当院はCTを完備していておりますので、撮影や診断が速やかに行えるだけでなく、他病院への紹介状料や撮影依頼料が不要な分、患者さんの負担費用も低コスト(¥15,750/税込)に抑えることができます。

撮影時間は、約19秒という短時間です(撮影部位や撮影画像等によって異なります)。CT撮影は保険外となりますが、正確な治療計画を立てるために役立てておりますので、ご希望の方は、スタッフにお声掛けください。

料金表はこちら


トップへ » » CT外来(顎関節症など) » 歯科用CTで撮影を行なうメリット


はじめての方へ