トップへ » » CT外来(顎関節症など) » さまざまな治療にCT撮影が活躍する理由

さまざまな治療にCT撮影が活躍する理由

親知らず【歯茎に埋まっている歯の診断】
親知らずの抜歯が、より安全に!

歯茎の奥に埋まっている歯も、3D画像によって、あらゆる方向から観察できます。親知らずなどの神経の位置が明確に認識できるようになったため、これまで以上に安全な抜歯が可能となりました。

歯の根【歯の形の診断】今まで発見できなかった微少な判別が可能
歯の根の形態や数、曲がり具合、方向や長さなどを立体的にとらえることができるので、歯の根の治療(根管治療)においても大きな役割を果たします。

【歯の生えてくる方向の診断】矯正治療で完成具合を確認
歯が生えてくる状況について、その位置・方向・歯の完成具合などに異常がないかどうか、3D画像で確認できるようになりました。矯正治療においては、特に歯の根の移動状況や支える骨の具合を把握して、治療の安全性を高めます。

【歯周病の診断】歯周病の進行具合が明確に
歯周病で歯を支える骨がどのくらい失われているのか?あるいは治療を行なったことによって、どの程度あごの骨が再生しているか?などを立体画像で視覚的に確認し、歯周病の進行具合や治療効果が、より明確に把握できるようになりました。

インプラントの診断【インプラントの診断】コンピュータ上で骨を再現できる
下あごの神経の場所が把握できるため、どの場所に、どのくらいの太さの物(インプラントの本体)を、どのくらいの深さまで埋め込むことが可能なのかがわかります。

これまでの治療では、歯科医が持つ経験や勘を頼りにインプラントを入れていたため、過去には、誤りや事故が生じるケースも見受けられました。ですが、手術の前にあらかじめCT撮影を行なうことで、より精度の高いインプラント治療が可能になっているのです。

【あごの骨の診断】顎関節症の診断と確認
CT画像によってあごの骨も立体的に撮影することができるので、患者さんご自身にも、病状を正しくご理解いただくことができるようになりました。


トップへ » » CT外来(顎関節症など) » さまざまな治療にCT撮影が活躍する理由


はじめての方へ