トップへ » » CT外来(顎関節症など) » 3次元撮影できる歯科用CTで確実な治療を

3次元撮影できる歯科用CTで確実な治療を

ct
歯科を受診したときに「思わぬ場所に、気づいてなかったむし歯があると知らされて驚いた」という経験はありませんか?

実は、歯科の病気は目で見て発見できたり、痛みが出て気が付くものばかりではありません。むしろ、痛みを感じないまま、隠れたところや見えないところで知らないうちに広がるケースの方が問題は大きいのです。

そこで歯科医院では、一般的に見えないところを把握するために「レントゲン撮影(エックス線検査)」を行います。代表的なものは、パノラマX線写真やデンタルX線写真ですが、これらの装置では2次元的画像であるため、影に入ってしまう部分(表と裏のような関係の部分)は画像が重なってしまい、診査・診断に限界がありました。

当院では、精密検査機器として「歯科専用のCT」を導入しました。歯科用CTは、3次元(水平・垂直・奥行)で撮影できるため、見たい断面を自在に表示しながら、今まで十分ではなかった事項についても、より詳細かつ正確に診断できるようになりました。


トップへ » » CT外来(顎関節症など) » 3次元撮影できる歯科用CTで確実な治療を


はじめての方へ