トップへ » » マイクロスコープ根管治療 » マイクロスコープ高度根管治療とは?

マイクロスコープ高度根管治療とは?

マイクロスコープ根管治療マイクロスコープ根管治療

上の図は歯の神経の図です。

見てのとおり、神経とは網の目のように非常に複雑な形態を呈し歯の中を走行しています。そして、指紋と同じように、誰一人としてまったく同じではありません。

これをすべて人間の視力できれいにすることは物理的に不可能です。マイクロスコープ高度根管治療では、肉眼では見ることのできない部分を見ることが出来ます。

もちろんマイクロスコープでもすべては見ることは出来ませんが、肉眼の20倍は見えるのです。

マイクロスコープ根管治療
マイクロスコープはほぼすべての患者さまに「ラバーダム」というゴムを装着して、治療します。(ゴムアレルギーの方は必ずお申し出ください)
ラバーダムを装着することにより、薬剤の漏れを防ぎ、且つ外部からの菌の侵入を防ぐことが出来る為、より無菌的に治療を行うことが可能です。(治療の成功率が更に向上します)

ラバーダムを装着するために、治療をする歯の補強を行うところから治療をスタートする場合が多々あります。 

根管治療を行い、それでも治癒しない場合は外科処置を行うことがあります。主に行う外科処置は歯根端切除術という術式です。

マイクロスコープ根管治療


トップへ » » マイクロスコープ根管治療 » マイクロスコープ高度根管治療とは?


はじめての方へ