トップへ » » 審美歯科・ホワイトニング » 保険治療と自費治療の違いは、「既製品とオーダーメードの違い」

保険治療と自費治療の違いは、「既製品とオーダーメードの違い」

既製品とオーダーメード審美歯科でよくたとえで使われるのが、既製服とオーダーメードの違いです。

例えば、既製服を眺めながら、次のようなことを感じた経験はありませんか?
「これデザインは良いんだけど、き、きつい!もう少し、やせていたらなぁ...」
「これ、もうちょっと色が濃ければいいのにな...」
「このスーツ、見た目は良いんだけど、肩がこるんだよね」
「足の大きさが左右違うから、左右別々のサイズを買えれば良いのに...」
これらと同じことが、歯科治療でもあるのです。

保険治療は金額が限られているので、使える材料、使える時間も限られます。もちろん、その中でも、一人ひとりに応じた治療を行なうのですが、制約が多い分だけ、どうしても精度が落ちてしまうことは否めません。

精度が落ちると、洋服が体系に合っていない場合と同様の不具合が生じます。たとえば、噛み合わせが微妙に合わなくなってしまったり、自分の歯と被せ物の間に隙間ができてしまって、むし歯が再発しやすくなるなどです。

その点、自費治療の場合には、使える時間や材料への制約が少ないので、充分に精度を上げることができます。それによって、噛み合わせの微妙なズレや、歯と被せ物の隙間などを、極限まで少なくすることが可能になるのです。

これらに、あなたはどれだけの価値を見出すでしょうか?
価値を感じる方には、保険外の治療も検討されることをおすすめします。

料金表はこちら


トップへ » » 審美歯科・ホワイトニング » 保険治療と自費治療の違いは、「既製品とオーダーメードの違い」


はじめての方へ