トップへ » » 審美歯科・ホワイトニング » さまざまな審美歯科メニューで、詰め物や被せ物が目立たない白い歯に

さまざまな審美歯科メニューで、詰め物や被せ物が目立たない白い歯に

オールセラミック
オールセラミック自然な色を表現しやすく審美性に優れているため、前歯の治療によく使われます。すべてがセラミック(陶器)で作られているので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心して使用できます。
※歯ぎしりが目立つ方や噛み合わせが不自然な方には適さない場合がありますので、ご相談ください。

ハイブリットセラミックス
ハイブリットセラミックス自然な色を表現しやすい素材ですが、セラミックにプラスチックが混合されているため、オールセラミックに比べると、経年による若干の変色が見られる場合があります。金属アレルギーの方でも問題なく使用できます。
※歯ぎしりが目立つ方や噛み合わせが不自然な方には適さない場合がありますので、ご相談ください。

金合金
金合金銀歯に比べて、金の含有量が多い被せ物です。硬さが自然の歯に近いため、噛み合わせる相手の歯にもやさしく、奥歯の治療によく使われます。また、銀歯よりは比較的、金属アレルギーになりにくい素材となっています。

銀歯
銀歯少々審美性には欠けますが、保険適用内で使用できます。日常使いにおいては、何ら支障ありません。

コンポジットレジン
コンポジットレジンかつてのむし歯治療で歯を削った後に充填する"詰め物"は、銀歯などの金属や、高価なセラミックや金合金に限られていました。しかし最近では、白いセラミックとプラスチックを混合した新しい素材が開発され、リーズナブルかつスピーディーに、白い歯を手に入れることができるようになっています。その素材がコンポジットレジンです。

ラミネートベニア
ラミネートベニア歯の表面を薄く削り、白いセラミックを貼り付ける治療方法です。女性の皆さんには、ネイルチップ(付け爪)のようなもの...とイメージしていただくとわかりやすいでしょう。歯と歯の隙間を目立たなくすることもできるので、「すきっ歯」の治療にも利用されます。


トップへ » » 審美歯科・ホワイトニング » さまざまな審美歯科メニューで、詰め物や被せ物が目立たない白い歯に


はじめての方へ