トップへ » » 小児歯科 » お子さんの成長に合わせた治療

お子さんの成長に合わせた治療

お子さんの成長に合わせた治療
虫歯は細菌感染が原因ですが、かみ合わせからも歯にヒビが入ることによって虫歯になってしまいます。
虫歯菌を減らすことは、日ごろの歯みがきでもやっているとおり、皆さんなんとなくイメージしやすいと思います。

実際当院では、中学生の歯科検診を実施しており、虫歯は昔に比べかなり減ってきています。しかし増えているのが、歯並びやかみ合わせが悪い子供です。
中学生で顎が痛い人もでてきています。歯並びが悪ければ歯ブラシも極端に難しくなります。

・かみ合わせや歯並びを理想的にすれば、虫歯や歯周病になりにくくなる
・顎も子供のうちは成長途中であり、ある程度いい位置に誘導しやすい状態
・見た目もよくなるので、欧米では小さなころに矯正をする文化が定着している

親がしてあげられること
子供に望む一番のことは『健康』ではないでしょうか。

65歳以上で後悔したことの一番は『歯のメインテナンスに行けば良かった』です。歯は失って初めてその価値がわかる人が多いのです。
中学生になる前に、良い細菌叢をつくり、良いかみ合わせをつくり、メインテナンスをしていけば、一生涯自分の歯で美味しいものを食べることができるはずです。

『中学生になる前に細菌とかみ合わせをいい状態にする』
これがどんなに大切なことか、どんなにありがたいことか、お子さんは大人になって気付くはずです。親の愛情を。

歯は削ってはダメなのです。虫歯や歯周病になる前に予防すること、細菌叢をよくし、かみ合わせを治すことこそが一番の治療法なのです。


トップへ » » 小児歯科 » お子さんの成長に合わせた治療


はじめての方へ