トップへ » » 小児歯科 » 小児歯科の治療~むし歯編~

小児歯科の治療~むし歯編~

検査結果の上、「むし歯のなりやすさ(カリエスリスク)」が高い場合は、生活習慣の見直しや仕上げ磨きの確認など、少しでもリスクが下がるようにサポートしていきます。

むし歯の図(C0)
歯の溝が深すぎてハブラシが届かない場合など、シーラントという溝埋めをします。もしもむし歯になってしまったら・・・むし歯の大きさにより治療方法が変わってきます。

むし歯の図(C1~2)
歯のエナメル質から象牙質までのむし歯の場合。白い詰め物を詰めたり、銀の被せ物をします。
むし歯の図

むし歯の図(C3Pul)
歯の神経にまでむし歯菌が感染してしまった場合。
むし歯の図

神経を半分除去したり・・・炎症がひどい場合は全部取ります。

むし歯の図子どもの歯の神経を取ってしまったからといって、大人の神経もなくなってしまうことはないのでご安心ください。

むし歯を放って置いた方が、大人の歯に影響する可能性があります。


むし歯の図(C3Per)
むし歯の図むし歯が大き過ぎて大人の歯にまで広がってしまった場合。大人の歯に影響が出ないよう、子どもの歯を抜くことがあります。


トップへ » » 小児歯科 » 小児歯科の治療~むし歯編~


はじめての方へ