トップへ » » 小児歯科 » 小児歯科の治療~保隙編~

小児歯科の治療~保隙編~

むし歯の図子どもの歯が、大人の歯に入れ替わるより早く抜けてしまった場合、そのまま放って置くとどうなってしまうか。隣の歯が傾いてきて、次に生えてくる大人の歯のスペースをなくしてしまうことがあります。

そこで、スペースを保つための装置をいくつか紹介します。

(1) 可撤式保隙装置
小児義歯とも呼ばれるもので、外傷やむし歯で歯がなくなってしまった場合に使用します。見た目や発音への影響が大きい前歯への使用が一般的。また、義歯の部分を削ることで永久歯が生えてくるスペースを確保できるため、きちんと生え換わるまで使えます。
むし歯の図

(2) クラウン(バンド)ループ
むし歯などで乳歯が早くなくなってしまったとき、奥歯が前に移動しないように、冠とつっかえ棒を組み合わせたクラウン(バンド)ループを装着します。主に、失った歯が1本だけの場合に使われます。
むし歯の図

(3) ディスタルシュー
クラウン(バンド)ループと同じ原理の保隙装置で、第1乳臼歯が早期に抜けた場合に使うのがクラウン(バンド)ループであるのに対し、第2乳臼歯が早期に抜けた場合に使用される保隙装置がディスタルシューです。

(4) リンガルアーチ
前歯と奥歯の間の子どもの歯が、一度に何本も抜けてしまったときなどは、そのままにしておくと、奥歯がだんだん前歯の方に移動してしまい、大人の歯が生えるスペースがなくなってしまいます。

こういった場合、アーチ状にした針金を突っ張り棒のようにして、奥歯が前に移動しないように固定する装置がリンガルアーチです。


トップへ » » 小児歯科 » 小児歯科の治療~保隙編~


はじめての方へ