トップへ » » 小児歯科 » 小児歯科の治療~外科編~

小児歯科の治療~外科編~

子どもの歯が抜けない、大人の歯が生えてこない・・・など、ほかのお友達との差や疑問を感じたら、気軽に相談にご来院ください。

子どもによって成長はさまざまですが、何か問題があるときは早期発見に越したことはありません。たとえば、大人の歯が見えているのに子どもの歯が抜けないときは、子どもの歯が大人の歯の邪魔をしてしまっていることがあります。

また、症例によっては大学病院など小児歯科・口腔外科の専門施設に紹介をします。

上の前歯に多いのですが、余分な歯(過剰歯)が邪魔をして大人の歯が生えて来られない場合や、顎骨のう胞といって、大人の歯を包んでいる膜が大人の歯を強く包んでしまって生えて来られない場合もあります。

(例)左上6番の異所萌出
左上6番の異所萌出

異常があった場合、大きな写真(パノラマ)で大人の歯の数や、生えてくる方向を診査します。上の写真の場合、右上6番が傾いて生えてきていて、子どもの歯に引っかかり、このままでは生えて来られないので、専門的な対応が必要です。

左上6番の異所萌出
歯ブラシが当たっておらず、むし歯になりかけています。

このように早く見つけることで、手遅れにならないうちに対応ができます。

(例)過剰歯
前歯の生え変わりで、上の前歯の中央スペースが空くことは正常な過程の一つですが、過剰歯が邪魔をしていてスペースが空いていることもあります。こういった例が、子どもの歯の生え変わりの時のレントゲン写真で、偶然見つかることも多々あります。
過剰歯

抜歯する時期は、大人の歯に影響がでないよう、本人の成長や協力状態を見ながら決めていくため、症例によってさまざまです。


トップへ » » 小児歯科 » 小児歯科の治療~外科編~


はじめての方へ