トップへ » » 入れ歯 » それぞれのニーズに適した、さまざまな入れ歯

それぞれのニーズに適した、さまざまな入れ歯

厚みが気になる方に【金属床の入れ歯】
金属床の入れ歯入れ歯の厚みで、お口の中が狭くて気になる方におすすめしています。保険のレジン(歯科用プラスチック)で作ると、義歯床の口蓋の厚みは約1.0~1.4mmになりますが、金属で作ると約0.5mmで作ることができます。薄く作れるので違和感が少なく、冷たいものや温かいものも敏感に感じることができ、美味しく食事ができます。

金属の種類には、チタン、コバルトクロム、白金加金などがあり、厚みにはほとんど差がありませんが、軽さやフィット感などの違いがあります。

痛みが気になる方に【シリコンの入れ歯】
シリコンの入れ歯生体用シリコンを使った柔らかくて痛みがない入れ歯です。硬い入れ歯の裏面をシリコンで覆っていますので、クッションのようなソフト感があります。あごの骨がやせて入れ歯が動きやすかったり、歯茎が薄くて痛みが出やすい方におすすめです。ただし、汚れがつきやすく1~2年程度で劣化しますので、一年に1回程度の修理が必要です。

入れ歯の種類の詳細についてはこちら
料金表はこちら


トップへ » » 入れ歯 » それぞれのニーズに適した、さまざまな入れ歯


はじめての方へ