トップへ » » インプラント治療 » 指にも1本1本、役割があるように、歯にも1本1本、役割がある

指にも1本1本、役割があるように、歯にも1本1本、役割がある

たとえば、下あごの前から6番目の歯が抜けてしまった場合。そのまま放っておくと、次のようなことが起こる可能性が高いのです。

(1) 噛み合わせる下の歯がないので、上の歯が出てきてしまう
上の歯は下の歯がなくても、噛む機能を維持しようとして、噛む相手を探して伸びてきてしまうのです。そうなると、後で下の歯を入れるときには噛み合わせがズレてしまっているので、上の歯を削らなければいけなくなってしまいます。

(2) 一番奥の7番目の歯が、抜けた歯のスペースに倒れこんでくる
歯が斜めに倒れこんでしまうと、それを治すには矯正治療が必要になってしまいます。

(3) モノが挟まって噛みづらいため反対側でばかり噛むようになり、体のバランスが悪くなる
噛み合わせは、全身のバランス(姿勢)や全身の健康にも大きな影響を与えています。


私たちの歯は、1本1本が個々に重要な役割を果たしているのです。食べることができればいい、しゃべることができれば大丈夫だ...というのとは、次元が違うお話なのです。歯は、口を閉じていれば見えないし、指のように動くものではないので、1本1本の役割が軽視されがちですが、私たちの体全体と健康には非常に重要な役割を担っているのです。


トップへ » » インプラント治療 » 指にも1本1本、役割があるように、歯にも1本1本、役割がある


はじめての方へ