トップへ » » 顕微鏡治療 » さまざまな治療におけるマイクロスコープの有効性

さまざまな治療におけるマイクロスコープの有効性

マイクロスコープ顕微鏡歯科のメリットのひとつは、従来の治療では「保存できない」といわれた歯を保存し、機能回復(痛くなく噛めるように)できる可能性が飛躍的に上がることです。

たとえば、歯を抜いてインプラントにする前に、「本当に抜かなければならないのか」を、きちんと診断することが可能となります。インプラント治療やオール・セラミックスによる補綴治療、顕微鏡下根管治療、顕微鏡下歯周治療等も積極的に行なっていますが、顕微鏡を使った治療によって、「インプラントをする前に、保存できる可能性のある歯」が数多く見出せることも事実なのです。

また、普通肉眼や口腔内カメラでは確認が難しい画像や歯の状態も、顕微鏡でみた拡大画像があれば、患者さんにも目で見て確認していただくことが可能です。「抜歯が必要な状況」だった場合にも、「何故残せないのか」を、患者さんに心から納得していただけると思います。
ミクロン単位でより高度な歯科技術を
むし歯治療
患部を高倍率で確認しながら治療できるので、削る量を最小限に抑えることが可能です。的確な診断に基づく正確な治療ができるため、再治療の必要性を極力減らし、生涯における通院回数を飛躍的に減らすことができます。

審美歯科
肉眼による治療では、確認不可能な微細な隙間が残っていることにより、詰め物や被せ物が適合しなかったり、不適合の部分から歯が悪化してしまう可能性がありました。マイクロスコープの使用によって、そういった不具合が回避され、より正確な仕上がりの審美歯科治療を行なうことができます。また、治療した部分を長く保つことも可能となります。

口腔外科
拡大鏡視野により、非常に小さいメスを用いた手術が可能です。傷口の縫合も、髪の毛より細い糸で行なえるため、術後の痛みや不快感を抑えることができます。

根管治療
細菌の進入や増殖を防ぐため、歯髄組織の管を無菌化し、空洞を薬等で充填・密封します。従来なら抜歯に至る症例を保存できる場合があります。

インプラント
従来の上顎洞のインプラント手術(サイナスリフト)は、外科的外部刺激が患者さんのストレスになっていましたが、顕微鏡治療よって最少のリスクで行なうことが可能となっています。術後の腫れや痛みが抑えられ、傷口の治りも従来の手術より早いといったメリットがあります。特に審美性が重要な前歯のインプラント治療には有効な方法です。

 


トップへ » » 顕微鏡治療 » さまざまな治療におけるマイクロスコープの有効性


はじめての方へ