トップへ » » 顕微鏡治療 » マイクロスコープ技術の経験豊富な武井則之先生が顧問

マイクロスコープ技術の経験豊富な武井則之先生が顧問

機器が高額なことや、使いこなすためのトレーニングがネックとなり、日本では導入がまだまだ少ないマイクロスコープですが、アメリカでは、ほぼ100%の歯科医院でマイクロスコープを用いた根管治療が行なわれています。

そんな中でも、当院の顧問に就任いただいている武井則之先生は、日本におけるマイクロスコープ経験のエキスパートです。マイクロスコープを使った歯科治療の経験は10年以上。操作方法はもちろん、細かな歯の処理方法など、高い技術を身につけておられます。

みなさんの誰しもが、ご自身の歯をできる限り長持ちさせたいとお考えのはずです。ぜひこの機会に、マイクロスコープでの治療を受けていただきたいと思っております。

武井則之先生武井則之先生
医療法人こたけ会  理事長
武井歯科クリニック 院長

<経歴>
1992年   松本歯科大学卒業
      口腔病理学講座助手(枝 重夫教授に師事)
1996年   サトウ歯科(東京都中央区)勤務
1997年   群馬大学医学部歯科口腔外科講座助手(臨時)
       同年10月 武井歯科クリニック設立
2001年   マイクロスコープ(顕微鏡)を群馬県内で初めて歯科治療に導入
2002年   医療法人に組織を改変と共に医院を増改築
      県内で初めてISO2011-9000を取得(2005年まで)
2009年~  Clinical Micro Dentist Instruction 主催
2011年~  松本歯科大学口腔病理学講座(長谷川 博雅教授)非常勤講師


<所属学会等>
日本マイクロサージェリー学会会員
日本顕微鏡歯科学会
アメリカ顕微鏡歯科学会
日本審美歯科学会
日本口腔病理学会
大阪S.J.C.D.会員


トップへ » » 顕微鏡治療 » マイクロスコープ技術の経験豊富な武井則之先生が顧問


はじめての方へ