トップへ » » 歯周病治療 » 【再生治療】進行してしまった歯周病でも歯を抜かずに治療できる

【再生治療】進行してしまった歯周病でも歯を抜かずに治療できる

今までは、重度の歯周病になると「抜歯して入れ歯に」というのが一般的な治療法でした。とはいえ、誰でも歯は抜きたくないもの。そこで当院では、歯周病で失われてしまった骨を再生させる「再生治療」という方法を応用し、非常に良好な結果を得ています。

GBR(骨再生誘導法)
歯周病によって失われた骨の部分に、医療用のゴアテックスの皮膜をかぶせ、骨を再生させる治療方法です。

まず、歯周ポケットの汚れをきれいに取り除き、そこにメンブレンという特殊な人工膜を入れます。こうすることで不要な歯肉が入り込むことを防ぎ、歯槽骨や歯根膜が回復するスペースを保持。その後、歯肉が再生し、さらに歯槽骨がゆっくりと回復してきます。ただし、歯肉が再生した後、メンブレンを取り除く必要がありますので、再手術が伴います。

この方法により、歯槽骨の状態が悪かった方でも、インプラント治療が行なえるようになりました。特に、広範囲での再生が必要な方には最適な治療法です。

エムドゲイン(歯周組織再生誘導材料Emdogain)
欧米人に比べると日本人の歯肉は薄いため、GBR法の手術が困難な場合があります。また、術後の細菌感染への考慮も必要であることから、新たに研究・開発されたのが、エムドゲイン法です。

これは、歯周病に侵された歯周ポケット内部の汚れや細菌を取り除いた後、エムドゲインゲルを注入し、歯周組織を再生させる治療法です。1回の治療で効果が現れ、GBR法のような再手術は不要です。ただし、GBR法に比べ、再生できる範囲が狭まるため、広範囲での再生には適しません。

※エムドゲインは、スウェーデンで開発されたたんぱく質の一種で、子どもの成長期には欠かせない物質です。現在、世界中に普及し、感染症などの報告がなく、安全で治療効果が高いとされています。

料金表はこちら


トップへ » » 歯周病治療 » 【再生治療】進行してしまった歯周病でも歯を抜かずに治療できる


はじめての方へ