トップへ » » メインテナンス (予防歯科) » メインテナンスの重要性

メインテナンスの重要性

最近、TVやCMで「予防歯科」の言葉をよく聞きますね。
当院は16年前に神奈川県座間市で開院し「最小限の治療と最大限の治療」という医療理念の元、診療を
行ってまいりました。
当時は「予防歯科」を掲げる歯科医院も少なく、患者さん一人ひとりに歯の予防の大切さをお伝えし、「メインテナンス」の重要性を理解していく事からのスタートでした。
現在、座間医院では毎月300人を超える患者さんがメインテナンスのみで当院を利用しております。
 
さて、歯はどれくらいの価値があるでしょうか?歯はいっぱいあるから、それほど大切にしなくても困らないのでしょうか?老後になったときに実際にどれくらい困ると思いますか?

実際に「プレジデント」(2012.11.12号)という雑誌がアンケートを取りました。
老後に後悔したことランキング「健康部門」という内容で実施しました。その結果、

第1位 歯の定期検診(メインテナンス)を受ければよかった
第2位 スポーツなどで体を鍛えればよかった
第3位 日頃からよく歩けばよかった
第4位 腹八分目を守り、暴飲暴食をしなければよかった
第5位 間食を控えればよかった

プレジデント

「プレジデント」(2012.11.12号)より
55~74歳男女1,000人アンケート




歯は食事をするときに使います。歯がなければ食べることもままなりません。
また、歯があるのとないのでは全身の健康にも影響が出ることがわかっています。

当院では「細菌」と「かみ合わせ」をコントロールし、一生涯ご自分の歯で食べることにより、元気に素晴らしい人生を送っていただきたいと思っています。

そこで重要なのが「メインテナンス」です。
まずは治療で「細菌のリスク」や「かみ合わせのリスク」をできる限り減らし、最大限
「健康」の状態にします。その状態を維持・継続させるために、欠かせないのが「メインテナンス」です。したがって当院では削って詰める治療より、健康を維持・継続している患者さんを増やしたいと考えています。
さらには、虫歯や歯周病になる前に「予防」し、それを一生涯継続するためにお手伝いをする歯科医院を目指しています。


トップへ » » メインテナンス (予防歯科) » メインテナンスの重要性


はじめての方へ