トップへ » » メインテナンス (予防歯科) » 一生ご自身の歯で過ごされたいと思いませんか?

一生ご自身の歯で過ごされたいと思いませんか?

「年をとったら歯は悪くなって当たり前だ」と思われている方がたくさんいらっしゃるかと思います。悲しいですが、今の日本の現状ではその通りです。

通常、人間の口腔内には28本の歯がありますが、日本人で80才の方の平均残存歯数はたったの6.8本です。約1/4しか残っていません。(厚生省調べ)予防先進国といわれるアメリカの残存歯数は85歳で平均15.8本、スウェーデンであれば75歳で平均19.5本です。(サンスター調べ)。

では、予防先進国はどのようにして、歯を残しているのでしょうか?その答えが1~3か月に1回、定期的に歯科医院でメインテナンスを受けていたからです。 欧米では、治療ではなく、メインテナンスに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上しました。

30万枚を超える症例スライド等の診療データを持つ、日本でも数少ない歯科医である熊谷崇先生の調査によると、以下のグラフのようにメインテナンスをきちんと受けた方と受けなかった方とでは80歳になったときに約9本もの差がついています。
一人平均残存歯数の比較


トップへ » » メインテナンス (予防歯科) » 一生ご自身の歯で過ごされたいと思いませんか?


はじめての方へ