トップへ » » メインテナンス (予防歯科) » 骨粗しょう症などの治療薬を服用されている方へ

骨粗しょう症などの治療薬を服用されている方へ

予防歯科(クリーニング) 「からだの治療と、歯の治療は別物」と思っていませんか?

からだの治療と歯の治療にはとっても深い関係があります。全身疾患の治療のために飲んでいる薬が、歯科の治療に影響を与えることが、実はしばしばあるのです。

「重大な副作用を招く可能性がある」と明らかになった薬に、"ビスフォスフォネート系薬剤"があります。これは、骨粗しょう症の治療薬として大変ポピュラーで、また、がんの骨転移の治療にも使われています。

ところが、これを継続的に使っている患者さんが歯科の外科的な治療(抜歯など)を受けると、それをきっかけにあごの骨が部分的に死んでしまい、そのまま放っておくと、ばい菌が入って骨が腐ってしまう恐れがあることがわかりました。発症のリスクを減らすために、服用中の方はスタッフにお知らせください。

<このような兆候があったらお早目に歯科医院へご相談ください>
●治療したところの痛みがずっと続いている
●歯茎が腫れたり、膿が出たりする
●あごが重たい感じがしたり、しびれる感じがある
●口内炎のような潰瘍がなかなか治らない


トップへ » » メインテナンス (予防歯科) » 骨粗しょう症などの治療薬を服用されている方へ


はじめての方へ