トップへ » » 一般歯科 » 歯を削る・削らない、歯を抜く・抜かないについて

歯を削る・削らない、歯を抜く・抜かないについて

歯を削る・削らない、歯を抜く・抜かないについて●可能な限り「削らない・抜かない」治療が目標
●治療によるメリットとデメリットを説明
●進行したむし歯には、歯の根っこからの根本的な治療を実施

当院では、できるだけ歯を削らない・抜かない治療を心がけています。また、患者さんから「歯を削らないでください」というご要望を伺う機会も増えています。しかし、むし歯の大きさによっては、止むを得ず削らなければならないこともあります。そこで当院では、歯を削るメリット・デメリットをきちんと説明した上で、患者さんのご要望をお聞きしながら治療を行います。

当然の話ですが、むし歯が小さいうちに治療すれば削る量は少なくてすみ、むし歯が大きくなるほど削る量も増えていきます。健康な歯を守るためにも、少しでも異変に気づいたら、できるだけ早めに受診されることをおすすめいたします。

また、深部まで進行したむし歯の治療には、表面を削るだけでなく、しっかりと歯の根っこまでの治療が必要となりますが、その際にも、充分な説明をさせていただきますので、ご安心ください。

歯の根っこの治療について詳しくはこちら


トップへ » » 一般歯科 » 歯を削る・削らない、歯を抜く・抜かないについて


はじめての方へ