トップへ » » 一般歯科 » 「麻酔自体が痛い!」というストレスを軽減

「麻酔自体が痛い!」というストレスを軽減

歯科用電動注射器歯科治療では、治療の痛みを抑えるために麻酔をかけますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、本来の麻酔の前に、「表面麻酔」を使用することで、麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。

表面麻酔とは、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させるために行なう麻酔法のこと。塗り薬のように患部に直接塗ることで、麻酔針を注入する際の「チクリ」を軽減することができます。

さらに、注射を打つ時の痛みを軽減するために、細部に至るまで気を配っています。治療を受けた多くの患者さんから、「この病院の麻酔は痛くないですね」と言っていただいています。


トップへ » » 一般歯科 » 「麻酔自体が痛い!」というストレスを軽減


はじめての方へ