トップへ » » 3DS除菌外来

むし歯の原因菌を徹底除去!歯を削る必要のないお口づくり。

「歯を磨いているのにむし歯になる」・・・そう思ったことはありませんか?
除菌外来むし歯になりやすい方、なりにくい方、たくさんの方々を見てきましたが、そもそも虫歯の根本的な原因は何でしょう?歯ブラシをしなかったからでしょうか?甘いものを食べすぎたからでしょうか?

実はそのどちらでもなく、答えは「細菌感染」によるものなのです。虫歯を作る細菌=ミュータンス菌が口腔内に感染し、それが原因で歯を溶かし、穴が開いたものが、むし歯です。

まずは唾液検査で、感染しているむし歯菌の量を測定しましょう

唾液検査でわかるあなたにあったむし歯予防
当院では正確なデータを得るために、採取した唾液の検査を
臨床検査会(BML/ 医科で血液検査などをする会社)に依頼しています。

除菌外来
細菌検査の手順
▼1.問診
食生活やフッ素の使用状況など日常生活に関する問診を行います。

▼2.唾液を採取
5分間ガムを咬みながら、唾液を出していただきます。

▼3.唾液のpHを測定
唾液の、酸を中和する力を測定します。

▼4.口腔内の確認
ブラッシング状況の確認やむし歯にかかった本数を測定します。

▼5.検査結果のご説明
検索後約1週間で検査結果をご説明します。

むし歯菌リスク確定後に、除菌治療を開始します。むし歯菌は目には見えません。何度も治療を繰り返すのは、歯の質を弱めるばかりで根本の治療とは言えません。菌のリスクが高い方には3DS除菌療法をお勧めいたします。
もちろん、甘いもの(糖)を取りすぎれば、むし歯になりやすくはなりますが、ミュータンス菌がいなければむし歯にならないのです。当院の除菌外来で、一定期間むし歯にならない健康なお口づくりが可能になります。

むし歯の原因菌を除去できる画期的な最先端治療
除菌外来
近年、むし歯原因菌を直接除菌できる治療方法が開発され、当院でも導入する運びとなりました。鶴見大学花田信弘教授らが発明したもので、「3DS」(スリーディーエス)という治療方法です。3DSとは、Dental Drug Delivery System (デンタル・ドラッグ・デリバリーシステム)の略で、特殊薬剤を用いた、まったく痛みのない、むし歯菌の除菌療法です。

3DSを実施した口腔内は、一定期間、むし歯になることはほぼありません。そして日頃の食事内容やブラッシング、そしてメインテナンスをしっかり行うことで、その効果は持続します。

除菌外来3DSの流れ

▼STEP1 一般治療終了
まずは通院が必要な一般歯科治療を終了させます。

▼STEP2 初期細菌検査
お口の中の細菌検査を行い、3DSの推奨度を診断します。
唾液を採取するだけの簡単なテストです。痛みも一切ありません!
(検査費用 1回 5,000円 税別)

▼STEP3 1回目 医院にて悪玉菌除菌治療
医院にて、歯の汚れを徹底的に除去し、専用の薬剤を用いてミュータンス菌の除菌治療を行います。
(処置時間60分)

▼STEP4 ご自宅での3DSセルフケア(7〜10日)
ご家庭にて、しっかりブラッシングを行い、就寝前に5分間、
専用のトレーと薬剤を使用していただき悪玉菌除菌を行います。

▼STEP5 2回目 医院にて再度、悪玉菌除菌治療
医院に来院頂き、再度除菌治療を行います。
2回目の除菌もしっかり行うことで、除菌の成功率が高まります。

▼定期メインテナンスへ
その後、定期的なメインテナンスへと移行します。
また2年に一度は細菌検査を行い、むし歯原因菌の状態を確認することをおすすめしています。

除菌治療中の注意事項

・3DSを始めるときは、歯ブラシを新しいものと交換してください。
・ご家庭での3DSが非常に重要ですので、指示通り、実施してください。
・虫歯菌は砂糖(スクロース等)で急激に増殖します。3DS中はできる限り摂取しないようお願いします。また、3DSが終わっても、過剰摂取にならないようお願いします。
・3DSは選択的に悪玉菌を除菌しますが、外部からの再感染はいつでも起こります。ご家族にも3DSをお勧めしています。
・メインテナンスは必須です。3DSを施術した方は、定期的にメインテナンスを受診してください。2年に1度は細菌検査を行い、細菌の量を確認しましょう。
・以前に治療した金属の下には3DSの効果はありませんのでご了承ください。

3DS除菌外来の費用について

費用: 35,000円(税別)
※院内での3DS処置代金、上下特殊トレー


トップへ » » 3DS除菌外来


はじめての方へ