トップへ » » CT外来(顎関節症など)

3次元撮影できる歯科用CTで確実な治療を

ct
歯科を受診したときに「思わぬ場所に、気づいてなかったむし歯があると知らされて驚いた」という経験はありませんか?

実は、歯科の病気は目で見て発見できたり、痛みが出て気が付くものばかりではありません。むしろ、痛みを感じないまま、隠れたところや見えないところで知らないうちに広がるケースの方が問題は大きいのです。

そこで歯科医院では、一般的に見えないところを把握するために「レントゲン撮影(エックス線検査)」を行います。代表的なものは、パノラマX線写真やデンタルX線写真ですが、これらの装置では2次元的画像であるため、影に入ってしまう部分(表と裏のような関係の部分)は画像が重なってしまい、診査・診断に限界がありました。

当院では、精密検査機器として「歯科専用のCT」を導入しました。歯科用CTは、3次元(水平・垂直・奥行)で撮影できるため、見たい断面を自在に表示しながら、今まで十分ではなかった事項についても、より詳細かつ正確に診断できるようになりました。

歯科用CTで撮影を行なうメリット

CT●見えにくい、わかりにくい部分を具体的に確認できる
●治療時間&費用の短縮&削減⇒患者さんの負担軽減
●難易度の高い場合でも手術できる

歯科用CTで撮影すると、歯の内部や骨の中など直接見えないところまで把握できるので、正確で必要最小限の治療ができます。また、さまざまな角度から病気の進行を立体画像で表示できるので、患者さんご自身にも病状を把握していただきながら治療を進めることが可能になりました。

CTを完備していない医院では、大学病院・提携クリニックでの撮影が必要なため、撮影までの期間が長くなったり、別途日程の調整が必要な場合があります。当院はCTを完備していておりますので、撮影や診断が速やかに行えるだけでなく、他病院への紹介状料や撮影依頼料が不要な分、患者さんの負担費用も低コスト(¥15,750/税込)に抑えることができます。

撮影時間は、約19秒という短時間です(撮影部位や撮影画像等によって異なります)。CT撮影は保険外となりますが、正確な治療計画を立てるために役立てておりますので、ご希望の方は、スタッフにお声掛けください。

料金表はこちら

さまざまな治療にCT撮影が活躍する理由

親知らず【歯茎に埋まっている歯の診断】
親知らずの抜歯が、より安全に!

歯茎の奥に埋まっている歯も、3D画像によって、あらゆる方向から観察できます。親知らずなどの神経の位置が明確に認識できるようになったため、これまで以上に安全な抜歯が可能となりました。

歯の根【歯の形の診断】今まで発見できなかった微少な判別が可能
歯の根の形態や数、曲がり具合、方向や長さなどを立体的にとらえることができるので、歯の根の治療(根管治療)においても大きな役割を果たします。

【歯の生えてくる方向の診断】矯正治療で完成具合を確認
歯が生えてくる状況について、その位置・方向・歯の完成具合などに異常がないかどうか、3D画像で確認できるようになりました。矯正治療においては、特に歯の根の移動状況や支える骨の具合を把握して、治療の安全性を高めます。

【歯周病の診断】歯周病の進行具合が明確に
歯周病で歯を支える骨がどのくらい失われているのか?あるいは治療を行なったことによって、どの程度あごの骨が再生しているか?などを立体画像で視覚的に確認し、歯周病の進行具合や治療効果が、より明確に把握できるようになりました。

インプラントの診断【インプラントの診断】コンピュータ上で骨を再現できる
下あごの神経の場所が把握できるため、どの場所に、どのくらいの太さの物(インプラントの本体)を、どのくらいの深さまで埋め込むことが可能なのかがわかります。

これまでの治療では、歯科医が持つ経験や勘を頼りにインプラントを入れていたため、過去には、誤りや事故が生じるケースも見受けられました。ですが、手術の前にあらかじめCT撮影を行なうことで、より精度の高いインプラント治療が可能になっているのです。

【あごの骨の診断】顎関節症の診断と確認
CT画像によってあごの骨も立体的に撮影することができるので、患者さんご自身にも、病状を正しくご理解いただくことができるようになりました。

顎関節症について

「口が開けにくい」「あごを動かすと、あごの関節部や咀嚼筋などが痛む」「あごを動かしたときに"ゴリゴリ" "カクンカクン"という関節音がする」という症状でお悩みの方はいませんか?
これらは、顎関節症の症状です。

口が開かない、開きづらいという症状は、頭蓋骨の側面の骨(側頭骨)と下顎頭(顎関節)の間にあってクッションの役目をしている「関節円板」のズレや変形によっておこります。

その原因として指摘されているのは、生まれつきの歯並びの悪さ、歯に装着された被せ物の不適合、噛み合わせへの考慮が不足した矯正治療など、噛み合わせに関係するさまざまな問題です。また、ストレスや歯ぎしりなども要因のひとつといわれています。

噛み合わせは、実はとってもデリケート。上の奥歯がわずか数十ミクロン低かっただけで、ひどい顎関節症に悩まされる患者さんもいます。口の開閉やあごの動きに違和感があったら、歯並びや噛み合わせを調べるため、ぜひ早めにご来院ください。


トップへ » » CT外来(顎関節症など)


はじめての方へ