トップへ » » マイクロスコープ根管治療

【根管治療】歯を抜かずに、残す治療

根管治療
●「むし歯が悪化して、歯を抜くしかないと言われた」
●「神経を取ったのに、痛みが取れない」
●「神経を取っているのに、歯茎が腫れる」
●「何回も根の治療をしているのに、再発してしまう」
こういった歯の悩みやトラブルを抱えている患者さんはいませんか?

そんな方におすすめなのが、「マイクロスコープ根管治療」です。マイクロスコープという歯科用顕微鏡を用いた治療を行う事で、保険治療(肉眼での治療)では残すことが不可能だった菌や、むし歯に侵されてしまった歯を助けられる可能性が圧倒的に高くなります。
その為、当院では、ほぼすべての患者さんに「マイクロスコープ高度根管治療」をすすめています。

それは圧倒的に、成功率が保険治療よりも高いからです。我々はもう、肉眼での根管治療は行いたくないのです。

歯の神経の治療を行う前に......

~神経の治療(根管治療)は非常に大切ですので、治療前に必ずお読みください~

神経の治療は、非常に難しい治療です。

なぜ難しいか?

それは、根の管(根管)という、人間の目には見えない部分の治療となるからです。そして、根管は指紋と同じように、誰一人としてまったく同じではなく、非常に複雑な形態を呈しているためです。

今現在、保険診療で治療した場合、成功率は非常に低くなります(約50% 再治療の場合は30%)。どうしたらその成功率を上げ、歯の寿命を延ばすことができるのでしょうか......? 

それは、「人間の目には見えない部分に付いた菌をいかに除去できるか」にかかっています。その可能性を飛躍的に上げる方法-それがマイクロスコープを使用した治療法です。


みどりの森デンタルクリニックでは、患者さまの歯の寿命を延ばすことを真剣に考えています。是非、神経の治療(根管治療)は、マイクロスコープ高度根管治療を選択していただくことをお勧めします。

日本の保険制度では到底できない治療方法ですが、成功率は飛躍的に上がります。
ただし、如何にマイクロスコープを使用したとしても、根管治療が100%治癒するという文献は世界中でありません。アメリカの専門医でも成功率90%となっております。


日本の保険制度の根管治療は、材料、時間共に制限が有ります。治療は、人間の目に見えないため盲目的に行われます。そのため、細部に菌が残りやすく、その菌が再度根に感染し、根の再治療を行わざるを得ないことが多々あります。そして、歯は治療をすればするほど脆く、寿命は短くなっていきます。


過去に1度でも治療が行われた歯は再治療の際に根管治療が必要となる事が多いです。過去の治療で弱っている歯に、適切な治療を行わなかった場合、次に何かトラブルが起きた時には抜歯となることがほとんどですので、治療法の選択は慎重に行って下さい。


マイクロスコープ高度根管治療の成功率は約70~90%で、状態によって成功率は変わります。マイクロスコープ高度根管治療を行なっても治癒しない10~30%の症例でも、マイクロスコープ外科処置を併用すれば90%は治ります。

「可能な限り、成功率を上げる治療法を選択し、再治療を行わない」―これが歯の寿命を延ばす方法です。

マイクロスコープ高度根管治療とは?

マイクロスコープ根管治療マイクロスコープ根管治療

上の図は歯の神経の図です。

見てのとおり、神経とは網の目のように非常に複雑な形態を呈し歯の中を走行しています。そして、指紋と同じように、誰一人としてまったく同じではありません。

これをすべて人間の視力できれいにすることは物理的に不可能です。マイクロスコープ高度根管治療では、肉眼では見ることのできない部分を見ることが出来ます。

もちろんマイクロスコープでもすべては見ることは出来ませんが、肉眼の20倍は見えるのです。

マイクロスコープ根管治療
マイクロスコープはほぼすべての患者さまに「ラバーダム」というゴムを装着して、治療します。(ゴムアレルギーの方は必ずお申し出ください)
ラバーダムを装着することにより、薬剤の漏れを防ぎ、且つ外部からの菌の侵入を防ぐことが出来る為、より無菌的に治療を行うことが可能です。(治療の成功率が更に向上します)

ラバーダムを装着するために、治療をする歯の補強を行うところから治療をスタートする場合が多々あります。 

根管治療を行い、それでも治癒しない場合は外科処置を行うことがあります。主に行う外科処置は歯根端切除術という術式です。

マイクロスコープ根管治療

根管治療-治療レベル(予後判定)

治療レベル1~5
歯の状態により、以下の5つのレベルに分けられています。現在の歯の状態を審査・診断し、ご希望の治療方法を選択してください。

  • 1.外科的介入が必要になる可能性が低い (治癒率90%以上) 
  •           
  • 2.外科的介入が必要になる可能性がある(外科治療を併用すれば治癒率90%以上)
  •    
  • 3.外科的介入によりマネジメント可能(再治療の根管。治癒率70%。要外科の可能性が高い。)

  • 4.チャレンジング-挑戦的治療(可能性は50%。治療を行えば、治癒する可能性ある歯。通常の保険診療ならば、今の時点でまず抜歯となります。)

  • 5.治療不可 (垂直的歯根破折の視診・防湿不可の場合)
  • 顕微鏡下での根管治療は、根の治療が必要なすべての人に選択していただきたい有効な治療方法です。上記に記載した通り、すべての根管治療が成功するとは限りません。しかし大幅に成功率が高くなります。
      
    歯の保存、耐久性
    ●歯の保存、耐久性は、以下の①~③の因子によって左右されます。
    ①残存歯質量:60%
    ②歯周病の重要度:20%
    ③根管治療の結果 :20%

    ●マイクロスコープを使用して精密な根管治療を行ったとしても、①〜③の因子により歯を長期的に保存できない可能性があります。

    ●治療レベル1〜3はマイクロスコープ根管治療を行えば高い確率で治癒します。しかし術中に根管の彎曲、閉鎖、クラック、治療器具の破折、穿孔等が発見された場合、最終的に抜歯を選択する場合があります。

    ●治療開始後に抜歯と診断された場合は¥20,000(税抜)のみ頂戴いたします。 
        
    ●治療終了後に何らかの理由(歯根破折等)により抜歯に至った場合に返金は致しかねますのでご了承ください。
                                    
    ●マイクロスコープ根管治療は非常に熟練した技術を要する治療ですので、担当医はお選び頂けません。ご了承ください。

    ●CT画像の撮影が必要です。撮影は当院のグループ診療所(町田)にて行わせて頂きます。
      CT撮影料:1回¥5,000(税抜)

    ●術後にうずきや痛みが出ることがあります。痛み止めが効かないときはご連絡下さい。 
     
    ●歯の治療は根管治療で終わりではありません。根管治療後、人工的な土台を入れ、その上にかぶせものを作ります。土台とかぶせものの費用は別途ご負担頂きます(保険適用外)

    ●ペースメーカーを使用中の方は治療が不可となりますのでご了承下さい。 
           
    ●患者様の判断で治療を中断された場合、返金等は出来かねますのでご了承ください。
       
    ●感染予防の為ゴム手袋、ラバーダムを使用します。ラテックスアレルギーの方は必ずお知らせ下さい。

    ●国内未承認薬を使用する場合がございます。安全性は北米で確認されています。  
       
    ●う蝕や歯周病が原因ではない口腔顔面部の痛み(口腔顔面痛:OFP)が存在します。痛みが消失しない場合、OFPが疑われますので、他科(ペインクリニック・口腔外科など)を紹介させて頂く場合があります。

    神経の治療から、被せ物をするまでの治療の流れ

    マイクロスコープ根管治療
    ○神経の治療終了後、歯の補強のために歯の中に土台(支柱)をつくります。
    矢印
    ○歯に、被せ物が入るようなスペースを作ります(ひと回り削ります)
    矢印
    ○型をとり、被せ物を作ります。被せ物には、銀歯や白い被せ物等、様々な種類があります。(種類は下記参照)
    矢印
    ○被せ物の高さを調節し、歯科用接着材で接着し、終了。

     

    マイクロスコープ高度根管治療を行った方の場合、自費と保険の混合診療は認められておりませんので、被せ物も自由診療の材料からお選びいただきます(5種類)。

    また、マイクロスコープ高度根管治療を行わない場合の被せ物については保証の対象外となりますので予めご了承下さい。

    ※上記の料金にコア(土台)は含まれています(税抜)。
    ※仮歯を制作する場合は ¥3,000-(税別)/1本がかかります。

    トップへ » » マイクロスコープ根管治療


    はじめての方へ