トップへ » » 小児歯科

お子さんの成長に合わせた治療

お子さんの成長に合わせた治療
虫歯は細菌感染が原因ですが、かみ合わせからも歯にヒビが入ることによって虫歯になってしまいます。
虫歯菌を減らすことは、日ごろの歯みがきでもやっているとおり、皆さんなんとなくイメージしやすいと思います。

実際当院では、中学生の歯科検診を実施しており、虫歯は昔に比べかなり減ってきています。しかし増えているのが、歯並びやかみ合わせが悪い子供です。
中学生で顎が痛い人もでてきています。歯並びが悪ければ歯ブラシも極端に難しくなります。

・かみ合わせや歯並びを理想的にすれば、虫歯や歯周病になりにくくなる
・顎も子供のうちは成長途中であり、ある程度いい位置に誘導しやすい状態
・見た目もよくなるので、欧米では小さなころに矯正をする文化が定着している

親がしてあげられること
子供に望む一番のことは『健康』ではないでしょうか。

65歳以上で後悔したことの一番は『歯のメインテナンスに行けば良かった』です。歯は失って初めてその価値がわかる人が多いのです。
中学生になる前に、良い細菌叢をつくり、良いかみ合わせをつくり、メインテナンスをしていけば、一生涯自分の歯で美味しいものを食べることができるはずです。

『中学生になる前に細菌とかみ合わせをいい状態にする』
これがどんなに大切なことか、どんなにありがたいことか、お子さんは大人になって気付くはずです。親の愛情を。

歯は削ってはダメなのです。虫歯や歯周病になる前に予防すること、細菌叢をよくし、かみ合わせを治すことこそが一番の治療法なのです。

小児歯科の治療~かみ合わせ編~

子供のかみ合わせの治療は非常に有効です。それは「顎の成長」や「乳歯」を利用しての咬合誘導ができるからです。一般的な金属の矯正装置であるブラケットをすべての歯につける治療をしなくても、かみ合わせを誘導できる可能性が大きいです。

中学校に上がる前にぜひ、よいかみ合わせを作ることをお勧めします!

小児歯科の治療~むし歯編~

検査結果の上、「むし歯のなりやすさ(カリエスリスク)」が高い場合は、生活習慣の見直しや仕上げ磨きの確認など、少しでもリスクが下がるようにサポートしていきます。

むし歯の図(C0)
歯の溝が深すぎてハブラシが届かない場合など、シーラントという溝埋めをします。もしもむし歯になってしまったら・・・むし歯の大きさにより治療方法が変わってきます。

むし歯の図(C1~2)
歯のエナメル質から象牙質までのむし歯の場合。白い詰め物を詰めたり、銀の被せ物をします。
むし歯の図

むし歯の図(C3Pul)
歯の神経にまでむし歯菌が感染してしまった場合。
むし歯の図

神経を半分除去したり・・・炎症がひどい場合は全部取ります。

むし歯の図子どもの歯の神経を取ってしまったからといって、大人の神経もなくなってしまうことはないのでご安心ください。

むし歯を放って置いた方が、大人の歯に影響する可能性があります。


むし歯の図(C3Per)
むし歯の図むし歯が大き過ぎて大人の歯にまで広がってしまった場合。大人の歯に影響が出ないよう、子どもの歯を抜くことがあります。

小児歯科の治療~保隙編~

むし歯の図子どもの歯が、大人の歯に入れ替わるより早く抜けてしまった場合、そのまま放って置くとどうなってしまうか。隣の歯が傾いてきて、次に生えてくる大人の歯のスペースをなくしてしまうことがあります。

そこで、スペースを保つための装置をいくつか紹介します。

(1) 可撤式保隙装置
小児義歯とも呼ばれるもので、外傷やむし歯で歯がなくなってしまった場合に使用します。見た目や発音への影響が大きい前歯への使用が一般的。また、義歯の部分を削ることで永久歯が生えてくるスペースを確保できるため、きちんと生え換わるまで使えます。
むし歯の図

(2) クラウン(バンド)ループ
むし歯などで乳歯が早くなくなってしまったとき、奥歯が前に移動しないように、冠とつっかえ棒を組み合わせたクラウン(バンド)ループを装着します。主に、失った歯が1本だけの場合に使われます。
むし歯の図

(3) ディスタルシュー
クラウン(バンド)ループと同じ原理の保隙装置で、第1乳臼歯が早期に抜けた場合に使うのがクラウン(バンド)ループであるのに対し、第2乳臼歯が早期に抜けた場合に使用される保隙装置がディスタルシューです。

(4) リンガルアーチ
前歯と奥歯の間の子どもの歯が、一度に何本も抜けてしまったときなどは、そのままにしておくと、奥歯がだんだん前歯の方に移動してしまい、大人の歯が生えるスペースがなくなってしまいます。

こういった場合、アーチ状にした針金を突っ張り棒のようにして、奥歯が前に移動しないように固定する装置がリンガルアーチです。

小児歯科の治療~外科編~

子どもの歯が抜けない、大人の歯が生えてこない・・・など、ほかのお友達との差や疑問を感じたら、気軽に相談にご来院ください。

子どもによって成長はさまざまですが、何か問題があるときは早期発見に越したことはありません。たとえば、大人の歯が見えているのに子どもの歯が抜けないときは、子どもの歯が大人の歯の邪魔をしてしまっていることがあります。

また、症例によっては大学病院など小児歯科・口腔外科の専門施設に紹介をします。

上の前歯に多いのですが、余分な歯(過剰歯)が邪魔をして大人の歯が生えて来られない場合や、顎骨のう胞といって、大人の歯を包んでいる膜が大人の歯を強く包んでしまって生えて来られない場合もあります。

(例)左上6番の異所萌出
左上6番の異所萌出

異常があった場合、大きな写真(パノラマ)で大人の歯の数や、生えてくる方向を診査します。上の写真の場合、右上6番が傾いて生えてきていて、子どもの歯に引っかかり、このままでは生えて来られないので、専門的な対応が必要です。

左上6番の異所萌出
歯ブラシが当たっておらず、むし歯になりかけています。

このように早く見つけることで、手遅れにならないうちに対応ができます。

(例)過剰歯
前歯の生え変わりで、上の前歯の中央スペースが空くことは正常な過程の一つですが、過剰歯が邪魔をしていてスペースが空いていることもあります。こういった例が、子どもの歯の生え変わりの時のレントゲン写真で、偶然見つかることも多々あります。
過剰歯

抜歯する時期は、大人の歯に影響がでないよう、本人の成長や協力状態を見ながら決めていくため、症例によってさまざまです。


トップへ » » 小児歯科


はじめての方へ