トップへ » » 入れ歯

【入れ歯】入れ歯が合わなくてお困りの方へ

入れ歯
「入れ歯を作っても痛くて使わない」「しゃべるときに外れてしまう」「食事の味がよくわからない」
入れ歯を使用している方から、こういった悩みを伺うことがよくあります。
入れ歯には保険が適用されるので、非常に安く、手軽に作ることができます。しかし、安価で手に入ることの代償として、心身に負担やストレスがかかってしまうことも事実なのです。

入れ歯は、人間の口にとっては人工の異物です。補う歯の本数が多くなるほど入れ歯自体が大きくなり、感じる違和感も強くなります。総入れ歯となると、噛むことはできるものの、噛む力は、自分の歯のときに比べてかなり弱くなり、固いものなどを食べることが難しくなってきます。

当院では、患者さんのお話をじっくりと伺った上で、患者さんに合った、丈夫で長持ちする入れ歯作りを心がけています。

【当院の特長】患者さんに合った入れ歯をおすすめしています

当院の特長入れ歯には、保険が適用できるプラスチック床のものから、ソフトな装着感のノンクラスプデンチャーや耐久性に優れた金属床まで、さまざまな種類があります。それぞれに特徴があり、使用する素材や構造などによって装着感や耐久性が異なります。

たとえば、自費でお作りする金属床などは、安定性・耐久性・装着感に優れていて、長期にわたり快適な状態でお使いいただけます。

ご提案するときは、各種入れ歯の特長やメリットをお伝えするとともに、後々のトラブルを避けるために、デメリットに関してもきちんとお話しています。予算のことも踏まえ、患者さんのご要望に合せたご提案をいたしますので、遠慮なくご相談ください。

それぞれのニーズに適した、さまざまな入れ歯

厚みが気になる方に【金属床の入れ歯】
金属床の入れ歯入れ歯の厚みで、お口の中が狭くて気になる方におすすめしています。保険のレジン(歯科用プラスチック)で作ると、義歯床の口蓋の厚みは約1.0~1.4mmになりますが、金属で作ると約0.5mmで作ることができます。薄く作れるので違和感が少なく、冷たいものや温かいものも敏感に感じることができ、美味しく食事ができます。

金属の種類には、チタン、コバルトクロム、白金加金などがあり、厚みにはほとんど差がありませんが、軽さやフィット感などの違いがあります。

痛みが気になる方に【シリコンの入れ歯】
シリコンの入れ歯生体用シリコンを使った柔らかくて痛みがない入れ歯です。硬い入れ歯の裏面をシリコンで覆っていますので、クッションのようなソフト感があります。あごの骨がやせて入れ歯が動きやすかったり、歯茎が薄くて痛みが出やすい方におすすめです。ただし、汚れがつきやすく1~2年程度で劣化しますので、一年に1回程度の修理が必要です。

入れ歯の種類の詳細についてはこちら
料金表はこちら

入れ歯の製作の流れ

【1】カウンセリング
入れ歯の悩みや希望について、これまでの経緯を含めてお聞かせください。現在使用している入れ歯の状態も拝見させていただきます。
次へ
【2】お口の中を診察
歯茎の傷やあごの骨がやせているかどうかなど、診察します。※必要な場合は、レントゲン撮影を行います。
次へ
【3】お口の型採り
隙間や違和感の少ない、ぴったり適合した入れ歯を作るには、正確な型採りが重要です。
次へ
【4】噛み合わせの高さや位置、口もとの張りを決める
型をもとにしたロウの模型を使って、患者さんの噛み合わせの高さや位置、顔立ちに合った口もとの張りを決めます。歯を失った状態だと噛み合わせの位置が不自然にズレたりしやすいので、慎重な調整が必要な行程です。
次へ
【5】仮の入れ歯を作り、試す
ロウでできた仮の入れ歯を入れてみて、噛み合わせや歯の色、形などの詳細な確認をします。まずは、この入れ歯がお口に合うように修正します。
次へ
【6】入れ歯の完成
修正した仮の入れ歯をもとにした、最終的な入れ歯の完成段階です。
次へ
【7】入れ歯の調整
できあがった入れ歯を、実際に使用していただいた後に改めて調整します。実際に使わないと慣れないですし、修正点も見つからず、調整が進みません。慣れるまでは大変ですが、毎日使用してください。


調整の流れ
●できあがった当日
歯茎などの粘膜に接する部分の調整と、噛み合わせの調整を行います。

●翌日~3日後
入れ歯が合ってくると、歯茎に馴染むことによっていくらか沈みます。この変化でできた調整点を再度調整する段階です。はじめの内は必ず、軟らかいものだけを食べていただきます。無理して普通の食事をとると歯茎を傷つけてしまい、入れ歯を使い続けることが難しくなりますので、ご注意ください。

●1週間後~2週間後
少しずつ新しい入れ歯に慣れ、口の周りの筋肉が張りを取り戻すと、衰えていた噛む力も戻ってきます。その段階で、さらなる調整が必要になります。放っておくと、歯茎が入れ歯に強く当たり、粘膜に傷がついて痛みが出てしまいます。

●約1か月後
食べることはもちろん、話すことに慣れてきます。口の周りの筋肉が戻り、噛む力がついてきて、口の周りのシワも減ってきます。ここで一連の調整は終了ですが、数か月に一度、定期的なメインテナンスを受けて、あごの骨や粘膜、噛み合わせのチェックを受けるようにしましょう。


トップへ » » 入れ歯


はじめての方へ