トップへ » » インプラント治療

自分の歯と変わらない感覚で生活できるインプラント治療

インプラント
●天然の歯とほとんど同じ感覚で物を噛むことができる
●自然な外観や表情を取り戻すことができる
●人前で話したり笑ったりを、まったく不安なく行える
●噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスのよい食事が楽しめる

「入れ歯はわずらわしくてイヤ」「失った歯のために健康な歯を削るブリッジには抵抗が...」
このように、失った歯を補う治療法で悩んでいる方も多いと思います。でも、あきらめる必要はありません。インプラント治療は、こうした問題を解決するために開発された最先端の歯科医療技術で、すでに30年以上の臨床実績があります。

インプラント治療は、あごの骨の中に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工歯を設置することで、まるで歯茎から生えている自分の歯のような機能を回復する治療です。

入れ歯やブリッジのように歯を削ったり、金具をひっかけたりしませんので、健康な歯にストレスをかけることなく、自然な美しさと、ほかの歯としっかりと噛み合う歯を取り戻すことができます。

また、噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスのよい食事が楽しめます。楽しい食事は、からだを健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

指にも1本1本、役割があるように、歯にも1本1本、役割がある

たとえば、下あごの前から6番目の歯が抜けてしまった場合。そのまま放っておくと、次のようなことが起こる可能性が高いのです。

(1) 噛み合わせる下の歯がないので、上の歯が出てきてしまう
上の歯は下の歯がなくても、噛む機能を維持しようとして、噛む相手を探して伸びてきてしまうのです。そうなると、後で下の歯を入れるときには噛み合わせがズレてしまっているので、上の歯を削らなければいけなくなってしまいます。

(2) 一番奥の7番目の歯が、抜けた歯のスペースに倒れこんでくる
歯が斜めに倒れこんでしまうと、それを治すには矯正治療が必要になってしまいます。

(3) モノが挟まって噛みづらいため反対側でばかり噛むようになり、体のバランスが悪くなる
噛み合わせは、全身のバランス(姿勢)や全身の健康にも大きな影響を与えています。


私たちの歯は、1本1本が個々に重要な役割を果たしているのです。食べることができればいい、しゃべることができれば大丈夫だ...というのとは、次元が違うお話なのです。歯は、口を閉じていれば見えないし、指のように動くものではないので、1本1本の役割が軽視されがちですが、私たちの体全体と健康には非常に重要な役割を担っているのです。

このような場合にインプラント治療を行います

総入れ歯が安定しない場合
総入れ歯が安定しない場合

前歯を1本失った場合
前歯を1本失った場合

奥歯を失った場合
奥歯を失った場合


インプラント手術について

インプラント最近は、インプラントの認知度も上がって来ていますが、まだまだ、インプラントについて誤ったイメージを持っていらっしゃる方も多いようです。

「手術が恐い」「かなり痛いんじゃないの?」
「手術」と聞くと、そういうイメージがわいてしまうことも分かります。しかし実際には、親知らずを抜くような処置ですので、ケースにもよりますが、そのほとんどが「小手術」だと思っていただければよいかと思います。

手術に伴う痛みも、親知らずを抜いたときと同じ程度だと考えていただいて大丈夫です。当院では、全身麻酔ではなく、通常の抜歯と同じく局部麻酔を施し、処置自体も1時間~2時間程度で終了します。手術後の腫れも、2~3日経てばほとんど気にならなくなります。

インプラント治療の流れ

【1】インプラント相談
現在の歯の状態に関するお悩みとご希望をお伺いした上で、インプラント治療によって改善できること、期間・費用の概略などについてご説明いたします。
次へ
【2】.精密検査・診断
歯の型取り・レントゲン写真・現状の歯の写真など、必要な検査を行い診断します。インプラント治療の成功は、口内環境のよさが重要ですので、全体の歯周病の状態・周辺の歯の状態も検査します。
次へ
【3】インプラント治療の計画の説明
診断に基づき、治療計画・流れ・期間・費用・リスク・治療後の保証・メインテナンスなど詳しくご説明いたします。
次へ
【4】インプラント埋入手術
本数によって異なりますが、およそ30~60分程度で終了します。術後当日は、ゆったりと過ごすに越したことはありませんが、日常生活に大きな制限はありません。お仕事を休んでいただく必要もありません。
次へ
【5】挿入したインプラントを定着させるための保定期間
上下とも4~6ヶ月が目安になります。
次へ
【6】アバットメントの装着・歯の製作
埋入したインプラントにアバットメント(接続部品)を装着し、最終的に使用していただく歯の製作治療に入ります。なお、当日は、仮歯を装着して帰ることができます。
次へ
【7】歯の装着
最終的な人工歯を装着します。
次へ
【8】経過観察・メインテナンス
「歯がキチンと機能しているか」「頬などを噛むことがないか」「話しにくくないか」などをチェックし、同時に、歯磨きの仕方も指導します。

歯磨きなどのお手入れをきちんと行っていれば、インプラントはとても長持ちします。ですが、より長く使用できるよう、終了後の定期的なメインテナンスをおすすめしています。

料金表はこちら

インプラントを安定させ、長年使うために重要なこと

メインテナンス当院では、インプラント治療の前に口内の健康を検診し、歯周病がある患者さんの場合には、先に歯周病の治療をさせていただきます。インプラント治療の成功を確実にするのは、1にも2にもメインテナンス。術後定期的に通っていただくことを前提に治療を行います。

人工歯根であるインプラントはむし歯になりません。ただし、周りの歯が歯周病に冒されると、転移によって「インプラント周囲炎」と呼ばれる歯周病に感染し、今度はインプラントまで失ってしまう危険性は高いのです。インプラントを安定させて長年使うには、定期的なチェックとメインテナンスが不可欠です。

予防歯科へ


トップへ » » インプラント治療


はじめての方へ