トップへ » » 一般歯科

痛みを最小限に抑え、できるだけ歯を削らない治療がモットー

初診時の診療内容と費用について
「歯の治療は痛い」「歯を削る時の機械音や感触がキライ」という記憶や先入観から、「ギリギリまで歯医者さんに行くのを躊躇してしまう...」という方が多いのではないでしょうか?
確かに、むし歯の痛みは患者さんにとって苦痛です。まして治療中は痛みや不安・恐怖が伴い、相当なストレスがかかります。

だからこそ、「むし歯にならないためのメインテナンス」が大切なのですが、それでもむし歯になってしまった場合、当院では、さまざまな工夫を行いながら、痛みを最小限に抑える治療を行っています。たとえば、麻酔注射の前の表面麻酔や針を刺すときの工夫など、細部に至るまで気を使っていますので、痛みに対して敏感な方でも安心して治療を受けることができます。

このページでは、当院の一般歯科についてご説明いたします。

【当院の特徴】充分な説明でご納得いただくことからスタート

【当院の特徴】充分な説明でご納得いただくことからスタート●「説明と納得」が治療を始める前の必須項目
●患者さんご自身が、口腔内写真でむし歯を確認
●治療前の歯のクリーニングで治療後の状態を良好に保つ

当院では、むし歯があるからといって、すぐに治療を始めることはありません。事前に充分なカウンセリングと治療内容についてのご説明をし、患者さんのご要望をお伺いした上で、治療を進めていきます。

まずは、初診時に撮影する口腔内写真を患者さんにお見せしながら説明していきます。むし歯の大きさをご自身の目で確認していただくことで、どのような治療が必要なのかを具体的に理解・納得していただくことが第一と考えます。

なお、当院では、治療後の状態を良好に保つために、治療前に歯のクリーニング(細菌のコントーロール)を行っています。歯に細菌や汚れが残っていると、せっかく治療を行なっても、またすぐにむし歯に...という危険があります。その危険をしっかり回避することで、「最小限の治療と最大限の予防」を実現していきます。

歯を削る・削らない、歯を抜く・抜かないについて

歯を削る・削らない、歯を抜く・抜かないについて●可能な限り「削らない・抜かない」治療が目標
●治療によるメリットとデメリットを説明
●進行したむし歯には、歯の根っこからの根本的な治療を実施

当院では、できるだけ歯を削らない・抜かない治療を心がけています。また、患者さんから「歯を削らないでください」というご要望を伺う機会も増えています。しかし、むし歯の大きさによっては、止むを得ず削らなければならないこともあります。そこで当院では、歯を削るメリット・デメリットをきちんと説明した上で、患者さんのご要望をお聞きしながら治療を行います。

当然の話ですが、むし歯が小さいうちに治療すれば削る量は少なくてすみ、むし歯が大きくなるほど削る量も増えていきます。健康な歯を守るためにも、少しでも異変に気づいたら、できるだけ早めに受診されることをおすすめいたします。

また、深部まで進行したむし歯の治療には、表面を削るだけでなく、しっかりと歯の根っこまでの治療が必要となりますが、その際にも、充分な説明をさせていただきますので、ご安心ください。

歯の根っこの治療について詳しくはこちら

「麻酔自体が痛い!」というストレスを軽減

歯科用電動注射器歯科治療では、治療の痛みを抑えるために麻酔をかけますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、本来の麻酔の前に、「表面麻酔」を使用することで、麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。

表面麻酔とは、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させるために行なう麻酔法のこと。塗り薬のように患部に直接塗ることで、麻酔針を注入する際の「チクリ」を軽減することができます。

さらに、注射を打つ時の痛みを軽減するために、細部に至るまで気を配っています。治療を受けた多くの患者さんから、「この病院の麻酔は痛くないですね」と言っていただいています。

むし歯の進行状態と具体的な治療方法

Co(シーオー:初期う触)
Coまだ穴があいていたり、黒くなっていたりしませんが、歯が溶け始めてむし歯が始まっている状態です。この段階であれば、フッ素入りの歯磨き粉を使ってきちんと歯磨きをすることで、再石灰化させることが可能です。

C1(エナメル質う触)
C1むし歯菌によって歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされ、小さな穴ができた状態です。象牙質まで達していないので痛みはありません。この段階の治療は、むし歯の部分を必要最小限削り、保険適用内の白い詰め物をすることで完了します。

C2(象牙質う触)
C2むし歯がエナメル質の下の象牙質まで達している状態なので、冷たいものや甘いものがしみることがあります。触ると痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要になります。

むし歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は完了します。しかし、むし歯が歯の深部まで広がっている場合には麻酔をして患部を削り、型取りをして詰め物を製作して装着することになります。

C3(神経まで達したう触)
C3むし歯がエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで到達した状態です。激しい痛みを感じる場合が多く、神経が壊死ししてしまうと細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯茎が大きく腫れたりします。

C3レベルの治療には、根管治療が必要となります。麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。

根管治療について詳しくはこちら

C4(残根状態)
C4歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。ここまで進行すると抜歯するケースが多くなりますが、治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療を行ってから被せ物をします。


トップへ » » 一般歯科


はじめての方へ